芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

離婚する夫婦のよくある離婚理由&予防対策とは?

一年間で3割以上の夫婦が離婚し、2分に一組もの夫婦が離婚している昨今ですので、夫婦共に一生添い遂げられるカップルがどんなに大変かがうかがえますが、離婚をしないためには離婚の理由をよく知っておき、日々心がけながら生活していくのが一番です。

 

そこで、離婚理由のなかで多いもの、気をつけておきたいものをご紹介しますので参考にして下さい。

 

 

離婚する最も多い理由ランキング

 

性格があわずケンカが絶えない

結婚する前はそこまで気にならなかったり、結婚すれば変わってくれると思っていても、結婚して毎日生活を共にするようになったら、今まで我慢していた部分が鼻につくようになった、余計に気になるなどの理由でケンカが絶えなくなります。

 

最初はちょっとしたすれ違いだと思っていても、何ヶ月・何年も言い続けても相手が変わってくれる様子がない場合、どんなに好きな相手でも気持ちが冷めてしまい離婚を考えてしまうようになります。

 

 

不倫やDV

不倫は軽い気持ちで始めることがほとんどですが、不倫された側からしたら女として、妻としての自信の他に、人としても否定されたような気持ちになります。

 

身体だけの不倫とはいっても、相手を裏切ってしまう最悪な行為ですのでそこからやり直すより、離婚して新しい人生や相手を見つけた方が良いと離婚するパターンが多くなります。

 

DV(ドメスティックバイオレンス)が理由の離婚は、肉体的・精神的・経済的なものも含めてのものですが、以前は男性側が加害者になることが多かったのですが、現在では女性も夫にして問題になることがあります。

 

DVは夫婦の問題として片付けられてしまいがちですが、DVで受けた暴力は犯罪行為ですし、生活費を家計に入れないことも命に関わってくる問題でもありますので離婚は仕方ないことでもあります。

 

 

家族関係が悪い

嫁姑(舅)問題や、兄弟(姉妹)親戚との関係が悪いなど、親族間の関係が上手くいっていないことも、離婚原因になります。

 

特に嫁姑問題はよく言われますが、夫や嫁が双方の実家ばかりを優遇したり、仕送りを強要されるなどの経済的なものから、跡継ぎ問題や遺産相続問題でもめた挙句、夫婦関係っが冷え切ってしまうことも離婚理由として挙げられます。

 

 

離婚しないために守っておきたいこと

金銭感覚の違いをチェック

結婚は愛情は愛情とお金は必要ですが「愛さえあれば」「お金持ちだから」という理由での結婚は長続きしない原因になります。

 

あまりにも金銭感覚が違いすぎてしまうと、金遣いの荒さがケンカの理由になりますし、愛情が足りないこともケンカの原因になってきます。

 

どんなにお金持ちでも、金銭感覚っは違いすぎると将来に向けての預金もできませんので、自分と経済感覚が似ている相手かどうかも結婚前にチェックしておきましょう。

 

 

相手とのコミュニケーションは大切に

夫婦関係が冷え切ってしまうのは、夫婦の間に会話が少ないこともかなり関係してきます。

 

一緒の家に住んでいるのに、お互い何を考えているのか判らない相手と一緒に生活するのは精神的にかなり苦労しますので、できるだけ一緒に食事をしたり休みの日にはデートをするなど、会話をする時間を設けておくとお互いに安心できます。

 

 

お互いにおもいやりや尊敬する心を

夫婦関係を長く続けていると、相手の失敗した姿や情けない姿を見ることもあります。

 

「こんなにバカだったなんて」「あいつに言ってもムダだし」など、相手を見下してしまうと、ちょっとくらい浮気してもいい、ムカつくから八つ当たりするなど、相手を支配しようとしたりと見下してしまうようになります。

 

夫婦関係を円満に続けたい場合には、思いやりの心や尊敬できる面を見つけていくようにすると、上下関係を無意識に作ることがなくなりますので、自然と夫婦関係が上手くいくようになります。

 

 

おわりに

現在では夫婦共働き世帯が多いので、離婚しても生活することができるため、簡単に離婚してしまう夫婦も増えてきています。

 

縁あって夫婦になったのですから、末永く一緒にいられるように夫婦生活を見直していきましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る