芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

離婚の意思を上手に伝え円満離婚する方法とは?

結婚は勢いでできるけど、離婚は結婚の何倍もしんどいとよく言いますが、1度は深く愛し合った相手に離婚したいと切り出すのは、よく考えた末での結論であったとしても、精神的にかなりしんどいことです。

 

恋愛関係の頃は、気持ちが離れてしまったら別れるだけで済みますが、結婚はいわば「契約」ですので、切り出す時にも了承を得て離婚する時にもできるだけ事を荒立てないようにすすめる必要があります。

 

では、どのようにして離婚を切り出せば円満離婚に近づけるのでしょうか?

 

 

離婚を切り出して失敗する原因

どうしても離婚したいという気持ちが高まりすぎて、一方的に離婚を突きつけ早く離婚してと離婚届けを突きつけてしまうのは、最悪の伝え方です。

 

離婚話をつげられた相手としては、まったくの寝耳に水状態ですし、離婚したいという気持ちがこれっぽっちもなかった場合、気持ちも動揺して大喧嘩になるのは目に見えています。

 

 

離婚を切り出し伝える場面別の対応策

向き合って告げる場合

自分の気持ちだけをガンガンに押し通そうとしても、話がこじれてかえって離婚が遠のくのは当たり前ですので、円満に離婚したい場合には、お互いの気持ちが落ち着いている時に話を切り出す必要があります。

 

話をする場合には、いきなり離婚をしたいと言い出すのではなく、朝仕事に出かける時に「今夜、大切な話があるから早く帰って来て」など、話を聞く心構えや思い当たる部分を考えてもらっておくと、いきなり聞かされるよりもパニックになりにくいです。

 

DVがあるなら第三者の立会いを

DVをしてくる男性というのは、会社では人の良さそうな顔をしますが、家庭では自分が妻を支配しているという充実感を得るために、精神的・肉体的・経済的にDVしてくる人が多くいます。

 

DV加害者は第三者がいると良い人の仮面を外せないので、離婚を切り出す場合には第三者の立会い(友人や親・弁護士など)のもとで話を切り出し、離婚を告げた後は、実家か友人・ホテルに避難しましょう。

 

電話&メールで伝えるなら要点のみを

相手の顔を見て話せない場合には、最悪の場合メールや電話で離婚のの意思を伝えることになりますが、電話でもメールで伝える時でも、常に冷静な気持ちを失わず簡潔な内容のみを相手に伝え「気持ちが落ち着いたら、返事をメールしてください」と伝えるようにしましょう。

 

 

離婚話をする場合の注意点

1回の話し合いで全部を決めようとしない

離婚話をようやく切り出したことで安心し、離婚することをその日に決めてしまいたくなるかもそいれませんが、それは酷な話です。

 

離婚問題というのはそんなに素早く進みませんし、お互いの気持ちを落ち着けて相手に向き合う時間も必要ですので、もめる時間も考慮しながら少しづつ話を進めていく必要があります。

 

離婚話は長時間続けてしまうと精神的に疲れますので、話し合う時間を決めてるようにしましょう。

 

 

相手が精神的に参っている時に切り出すのはNG

恋愛では好きな相手がフラれた時こそ、相手の心を掴むチャンスと言われていますが、離婚しようとしている時は全くの逆効果です。

 

相手が精神的に追い詰められていたり、妊娠していて心と身体のバランスが整っていない時に離婚話をすると、余計に話もこじれますし、下手をしたら離婚できないまま別居婚を続けるハメになるなど、話がこじれてしまいます。

 

 

おわりに

現在では2分に1組の夫婦が離婚しているといわれていますが、日本は先進国のなかでも比較的結婚・離婚がしやすい国とも言われています。

 

離婚をしやすいと言われているのにも関わらず、こじれてしまうことの多い問題ですので、気持ちをただ押し付けるのではなく、根気よくじっくりと話し合いを行い、離婚で生じるさまざまな問題を解決していきましょう。

 

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る