芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

親が離婚すると、子供の成長、性格にマイナスな影響はあるの?

「できることならば避けたい」「ほとんどの夫婦がそう思っているだろう決断が「離婚」です。

 

特に子どものいる親であれば、親の問題で離婚することで子どもにマイナスの影響が呼ばないかということは心配することろでしょう。

 

しかし、残念ながら現在日本では3組に1組の夫婦が離婚しており、やむをえない事情で子どもとも離れ離れになってしまう親が少なくありません。

 

離婚することで、子どもにはいったいどのような影響があるのでしょうか?

 

 

物理的な影響

一人で子どもを育てていくことは非常に大変なことです。
仮に母親が子供を引き取った場合で考えると、ほとんどの場合母親はフルタイムで仕事をしながら子どもを育てることになるので、パートタイマーや専業主婦の母親に比べれば親子で過ごす時間が限られるようになります。

 

また、賃金の男女格差もなかなか縮まらない現状があるため、子どもの経済状況も悪化するケースが多いと言われています。

 

具体的には、用具に費用のかかる部活に入りたくても言いだせなくなったり、希望進路への進学を断念したりと、親が気付かないうちに子どもが気を遣って人生の選択肢を狭めているということもあると言われています。

 

また、最悪の場合「離婚家庭に育った」というだけで、就職・結婚などの際にある種の偏見を持たれてしまうというデメリットも存在するのです。

 

 

精神的な影響

親の離婚により、心に傷を負う子どもも少なくありません。
まだ、状況を正確に理解できないほどの幼い子供であれば「自分が悪い子だったから見捨てられてしまったのではないか?」と考えてしまう場合も。

 

また、夫婦が互いを酷くののしり合うような激しい喧嘩を目撃してしまった場合、子どもにとっては自分の半分(ルーツ)を全否定されたような気持になってしまいます。

 

離婚後は、離れ離れになってしまった方の親との絆が絶ち切られ、同居親との間で衝突があった場合に相談したり仲裁に入ってくれる存在がいなくなってしまうので同居親との関係に気を遣わざるを得ない部分が出てきます。

 

子どもには一切の非は無いにも関わらず、同居親との関係性が閉鎖的になることで「(別れた)パパにそっくりだわ!」など、無用に子どもを傷つけるようなケースも見られます。

 

これは、同居親が心身共に疲弊しストレスからくるイライラを隠しきれなくなってしまうことが原因で、次第に子どもの方が「お母さんを支えなければ」と年齢相応以上の責任感とプレッシャー感じる原因となっていきます。

 

 

回避できる?子どもへの悪影響

では、離婚によって生じる子どもへの悪影響は、どのようにすれば最小限に抑えることができるのでしょうか?
一番は、離婚前の事前準備をしっかりとしておくことです。

 

育児に理解のある職場を確保すること、職場もしくは自宅になるべく近い託児施設を見つけておくこと、子どもが精神的に孤立しなように実家や兄弟など頼れる人を見つけておくこと、金銭的に困窮しないよう離婚前に慰謝料養育費についてしっかりと取り決めをしておくことなどでかなりのマイナス影響を減らすことが可能です。

 

気持ちの面でも、あくまで離婚は親の問題であって子に責任は無いことを伝えること、別れても相手の悪口を言わないことなどで子どものアイデンティティを保つことができます。

 

そして離婚後も、別居親と子の関係は良好な状態を保ち、子育てに関してだけは継続して協力していくという姿勢をお互いが見せることが、子どもの幸せにつながるでしょう。

 

 

おわりに

やむをえない離婚で子どもが傷つかないために親ができることはたくさんあります。

 

結婚のストレスから解放されて、むしろ「ママ、明るくなったね」と思ってもらえるように、前向きな気持ちで新生活を始めたいですね。

 

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る