芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不妊が原因で離婚?子供なしの夫婦生活も有り?無し?

結婚をすると、最初は夫婦二人で幸せに暮らしていても次第に子供が欲しいと思う様になります。

 

ところが結婚すればどの夫婦にも子供ができる訳ではありません、中には子供に恵まれずに不妊治療を行っている夫婦も多くあります。

 

長い間子供が出来ずにいると段々と夫婦仲に亀裂が出来始め、離婚に至ることもあるのです。
どちらの責任でもない、不妊が原因による離婚を回避する方法を紹介します。

 

 

結婚する時にはタイミングを大切に!

現代社会では女性の社会進出の機会が増え、キャリアウーマンとして責任ある仕事を任されることもあります。
女性でも20代後半から30代になると段々仕事が面白くなってきてやり甲斐を感じる様になるのです。

 

しかし出産には適齢期と言うものがあり、正にその時期と重なるのです。
仕事を辞めたくないばかりに結婚を渋り、「一段落ついたら」と思っているうちに30代になってしまいます。

 

30代で結婚してしばらく自然に子供ができるまで仕事を続けていこうと思っていると、すぐに30代後半になってしまいます。

 

女性は30代後半になると妊娠できる確率が減り始め、40代近くになると不妊率が高くなり、これは自然なことで仕方ありません。

 

いつの間にか夫婦が年を取り、気がついたら子供ができずに将来的なビジョンが持てないとなると、お互いが一緒に暮らしている意味がないと思う様になってしまうのです。

 

女性が結婚を決断するにはタイミングが必要です。
今仕事が面白くて辞めたくないと思っても、早く結婚して早く出産すればそれだけ早く仕事に復帰できる可能性があるのです。

 

後に伸ばす程仕事も辞めにくくなり、子供もできにくくなる、お互いが若くてまだエネルギーがあるうちに結婚してしまうのが良いでしょう。

 

 

不妊治療は早めにすること

不妊とは、「健康な夫婦が避妊をしていないにも関わらず1年以上子供ができないこと」です。
もしも結婚して普通に夫婦生活をしていても1年以上子供が出来ない場合、早めに不妊治療を始めておくことです。

 

不妊治療には3ステップあり、まずはタイミング法で排卵日に夫婦生活をすることで妊娠率を高めることから始めます。
次に人工授精で医師の手技により妊娠を試みます。

 

ここまでは非常に簡単にできる方法で、早めに専門医の指導を受けることで保険適用範囲内で妊娠できる可能性も高くなります。
それでも妊娠できない場合には体外受精となりますが、こちらも年齢的に上限がある為に、早めに進めて行きましょう。

 

自然に妊娠するまで待たず、早めに不妊治療を受けることでお互いの妊活への意識を高め、努力をすることになります。

 

 

不妊治療中は夫が妻をサポートすること!

不妊治療中に辛いのは一方的に妻の方です。

 

毎日ホルモン注射をしに通院したり、副作用でのぼせや目まいを起こすこともあります。
フルタイムで仕事をするのもキツイと感じることもあるでしょう。

 

しかし一番辛いのは、夫の両親から「早く孫の顔が見たい」と言われることです。
友人や近所の人達からも悪気は無くても「子供はまだ?」と訊かれるのも精神的に辛くなります。
自分では努力しているのに子供が出来ず、周囲から催促されている様に感じてしまい、ストレスが溜まってしまうのです。

 

その時に一番力になるべきは夫が仕事で残業ばかりして妻をいたわることを怠ると、夫婦の信頼が薄れてきてしまいます。
最終的に子供が出来なかった時に夫に対する不信感が募り、離婚を決意することになるのです。

 

不妊治療は二人三脚、夫は傘となり楯となり、妻を守るべき役割があります。
治療を始める前に夫婦でしっかりとお互いの意思を確認しておきましょう。

 

 

おわりに

不妊で離婚をするのは子供ができないからではなく、その過程でお互いの考え方のズレが見えてきてしまうことにあります。

 

離婚を回避するには「もしも最終的に子供ができなくても、二人で楽しく暮らしていこう」というライフプランを持つことです。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る