芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

離婚後の再婚、ベストタイミングはいつ?

様々な手続き、話し合いを経てついに離婚。
晴れて自由の身になったばかりの人にとって、なかなかすぐに再婚のことを考えられる人はいないかもしれません。

 

しかし、性格の合わない配偶者から虐げられるのを守ってくれた大切な異性がいたり、時間が経つにつれ心境の班かがあって、もう一度結婚にかけてみようと思えるようになった場合「再婚」もいいかもしれないなと考えるタイミングが訪れることだってあるでしょう。

 

そんなとき、どんなタイミングで再婚するのが後悔の無いベストタイミングなのでしょうか?

 

 

まずは「再婚できる」タイミングを知る

日本の法律では、男性は離婚してもすぐに再婚をすることが可能ですが、女性の場合は離婚から6ヶ月が経過しなければ再婚することはできません。

 

これは女性は妊娠・出産をするため設けられた規定であり、その頃に生まれた子どもが前夫の子どもなのか、再婚後の夫の子どもなのかを判断するためのものです。

 

例外として、離婚後、前夫とよりを戻して再婚する場合は子が生まれても父親は1人しか推測されないため半年を空けずに再婚が可能ですが、まれなケースと言えるでしょう。

 

6ヶ月の再婚禁止期間は長く苦痛に思えることもあるかもしれませんが、再婚したいほど愛しあえる関係であれば信頼関係も深いでしょうし、籍を入れる前に同居を開始するなどして二人で楽しみにカウントダウンするのも一つの方法かもしれません。

 

ただし、離婚から300日以内に生まれた子供は前夫の子と推測されてしまう法律があるので、子作りに関しては慎重になるに越したことはなさそうです。

 

 

前の配偶者を忘れられた時

再婚するのに適していないと思われる人の特徴として、前の配偶者を忘れられていないという点が挙げられます。
もちろん一度は結婚した相手なのですっかり忘れるということは不可能です。

 

しかし、例えば離婚の理由が相手の浮気だった場合、こちらの愛情が深かったならそれだけ悲しみや憎しみも大きなものとなり心の傷も深く残るのです。

 

また、大きな衝突や喧嘩があったのではなく、価値観の相違など折衷できないすれ違いで別れた場合などは「もっとやりようがあったのでは?」といった後悔の念が長く残る場合もあります。

 

これらのケースでは、まだ気持ちの整理が着いていないため、新しいパートナーと前だけを見て進んでいくことが難しいと予想されます。

 

反省はしても後悔はない、心の傷はあっても過去に執着はしない、そういった決意ができたとき初めて、新たなパートナーとの幸せだけを見据えて前進していけるようになる「再婚のベストタイミング」が訪れると言えるでしょう。

 

 

子どもの気持ち

前夫との間に子どもがいて、幸いにも自分が親権を持って養育できている場合、再婚に差し当たって子どもの心の整理がついているかということは非常に重要なポイントの一つとなります。

 

いくら新しい夫と妻の関係が良好であっても、その陰で子どもが疎外感や淋しさを感じているようでは、それは良い再婚とは言えないでしょう。

 

再婚相手は子どもから見ればいわば赤の他人なので、再婚を検討しているからと言って急激に近しい関係になろうと実の親のように指図するようでは反感を買うばかりです。

 

初対面の大人と接するように真摯に向き合い、あくまで近しい友人のような距離感を保ち、実の親との関係を優先するような忍耐が必要となってきます。

 

よい関係が築け、子どもが安心し同居も構わないよと勧めてくれるようになったタイミングで再婚すれば、その後のトラブルもなく幸せな家庭を築くことができるでしょう。

 

 

おわりに

一度結婚に失敗していると再婚に関しては慎重になりがちですが、きちんとポイントを押さえれば次こそは幸せな生活ができるはずです。
ぜひ、参考にされてみてくださいね。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る