芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

割り切り・セフレ・不倫相手が妊娠した時の対処法

不倫というのは割り切り感を持って行うのが基本です。

 

しかし中には相手にのめり込み過ぎて自分を見失ってしまう女性も多く、男女が付き合う際の最低限のルールを守れなくなってしまうこともあります。

 

その結果女性が妊娠をしてしまい、既婚者の男性を追い詰めるというケースも少なくありません。
不倫相手が妊娠した時の対処法として考えられるものについて紹介します。

 

 

無事に収めようと思わないこと

不倫をしているのは事実ですし、相手の女性のお腹の中の子供は日々成長していくものです。
不倫相手が妊娠してしまったら一刻も余裕はなく、しかも皆が満足出来る様な解決策というのはありません。

 

しっかりと現実を見つめましょう。
解決策は二つしかありません、「産む」か「堕ろす」かです。
どちらにしても不倫をしたことが周囲にバレる覚悟はしなければなりません。

 

何とか誰にも知られず、無事に丸く収めようと思っていると取り返しの付かない修羅場になります。
まずは覚悟を決めましょう。

 

 

堕ろす場合には女性が納得の上で

男性がどうしても離婚するつもりはなく、不倫相手の女性と結婚する意志は無い場合、女性が無理に出産してもシングルマザーとなってしまいます。

 

女性が一人でも育てていく自信がなく、産んだ子供を男性も引きとるつもりがないのならば、中絶をするしかありません。
しかし妊娠周期が過ぎる程母胎に与える影響が大きくなりますし、胎児が「21週6日」を過ぎてしまうと中絶が出来なくなります。

 

残念ながら出産を諦める場合には女性が納得の上で、とにかく速やかに行動をしましょう。

 

その際には男性もしっかりとサポートをして、中絶費用も出すべきです。
不倫という行為によって二度と戻らない大切な命を見殺しにしてしまうのですから、今後自分勝手な男女関係は慎むべきです。

 

 

産む場合には認知と養育費が必要

女性がどうしても産みたいと言ったら、男性として認知をする義務があります。

 

認知をすれば将来的に妻にも知られることになります、隠しておくよりも早めに家族に相談するべきです。
その他にも養育費を請求される場合がありますので、やはり妻には打ち明けておくべきです。

 

その後の関係としては、余程の事が無い限りお互い連絡を取らないか、何となくどこにいるのかメルアドや所在が分かるレベルで付き合うのかということを決めておきます。

 

最近の女性は強いのでシングルマザーとして父親が誰か教えないまま子供を育てている人もたくさんいます。
しかし子供が進学するとなるとどうしても経済的な負担が大きくなり、父親に頼るということもあるのです。
子供が成長すればわだかまりも薄れて、自分の子供として会える関係になる場合もあります。

 

 

自分の親戚に育てて貰う

もしも女性が産んだけれど育てられない状況の場合、自立できるまで男性の親戚や祖父母に育てて貰うという方法もあります。

 

この場合、親戚同士であっても養子縁組をして籍を入れることで、そこの家の子供とすることができます。
子供が育ててくれたのが実の親では無いと知った時でも、籍が入っていることでその分ショックは和らぐものです。

 

年月が経って元不倫相手の女性が「子供に会いたい」と言ってくる場合もあります。
「子供が成人したら会わせられる」などの条件を決めておかないと、元不倫相手から連絡が来る度に男性側の家庭にも波風が立つことになります。

 

 

おわりに

非常に厳しい状況ですので、良い解決策と言うのではなく、あくまで対処法になります。

 

どちらが悪いという問題ではなく、不倫をする以上リスクとして当然覚悟しなければならないことであり、それが現実になっただけのことなのです。

 

命の重さは胎児も人間も同じですので、安易に不倫に溺れて過ちを犯さない様に注意することが重要です。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る