芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫をされた側・不倫した側の慰謝料問題とは

不倫をしている時には、不倫のドキドキ感や背徳感に流されてしまい、不倫相手や自分の夫・彼氏の心の中までは真剣に考えることができませんが、一旦不倫関係がバレてしまったら、どんなに謝ったとしても不倫をしたことで傷つけてしまった心の傷は癒えることはありませんし、癒されることはありません。

 

そんな時、傷付いた側が請求できる権利が「慰謝料請求」です。精神的に傷ついた場合には、どの程度傷付いたかは示すことができないので、残念ですがその代わりとしてお金で請求するしかできない事から慰謝料請求ができるわけですが、慰謝料とは具体的にはどのようなものでしょうか?

 

 

不倫が原因の慰謝料の具体的な内容と金額

不倫の慰謝料は、不倫相手の妻が不倫相手だった側に請求できる権利ですが、どの程度の金額が請求できる、もしくはされるかの具体的な取り決めは特いありません。

 

ですが、平均で言うと、不倫が原因で婚姻関係の継続が困難になった場合には2?300万円、すぐには離婚はしないものの別居することになった場合は100万?200万、離婚せずに夫婦関係を修復することになった場合には50万?100万円程度が目安になってきます。

 

一応目安ですので、不倫相手の収入次第で変化してきますし、経済状態によってはこれ以下しか取れないこともあります。

 

慰謝料は婚姻関係の長さでも変わる?

不倫の慰謝料は不倫期間や婚姻期間の長さなどでも変化していきますし、不倫前の夫婦関係、相手が既婚者なのを知っていたか、不倫を誘ってきたのはどちらか、不倫のせいで子供の発育に影響が出た、不倫相手が妊娠したなども考慮されます。

 

結婚生活のうちで何年も同じ相手と不倫関係でいた場合には、当然悪質と見なされ慰謝料も高額になりますし、不倫をする前から婚姻関係がほぼ破綻しているような状態の場合にはそこも考慮されます。

 

もし夫の不倫関係を気に病んだ末、妻がうつ病やパニック障害になった場合、ただ病気になったと主張するのではなく、診断書を主治医に書いてもらうなどの証拠が必要となってきます。

 

 

慰謝料請求したい・された側はどうすればいい?

慰謝料請求したい場合

慰謝料請求を浮気相手にしたいと思った場合、まずは弁護士に相談をするのが一番合理的です。

 

浮気をした確実な証拠がある場合、弁護士事務所に証拠を持ち込み、相手に慰謝料請求をするわけですが、すぐに離婚する場合には夫と不倫相手双方に内容証明を送り、まだ離婚しない場合には不倫相手にのみ送りますが、のちに離婚することになった場合には、夫にも請求できます。

 

不倫の慰謝料請求は不倫の事実を知ってから3年以内と決まっていますので、3年過ぎてしまった場合には請求権が失効しますので気をつけましょう。

 

 

慰謝料請求された場合

慰謝料請求をされた場合、相手側から電話で慰謝料請求をする事を宣言されるか、自宅か職場に通知書である内容証明が送られてきます。

 

 

内容証明は一旦受け取ったら、中身を承諾したと見なされますし、受け取ると通知が相手側に届くようになっています。

 

ここでパニックを起こし、相手側に慰謝料の減額などを求めるために押しかけてしまうと、余計に心象が悪くなりますし自分に不利な内容の示談書を書かされてしまうこともあります。

 

内容証明が届いた場合には、まずは弁護士に相談をするようにして、自分勝手に浮気相手やその妻への電話や待ち伏せなどの接触をしないようにしましょう。

 

ただし、弁護士は自分の味方だからと思って、慰謝料の減額ばかりを押し通していても、弁護士は法律に基づいたルールに従っての解決方法をするのが仕事ですので、無茶な交渉はただ相手をイラつかせ長引かせるだけになります。

 

きちんと頭を下げて反省の心を示しながら、交渉していくようにしましょう。

 

 

おわりに

不倫はバレてしまっては、慰謝料請求をされてしまうという薄氷を踏むような危うい関係です。

 

不倫しているドキドキ感の後ろには妻や子供がいる事、必ず泣く人がいる事を考えつつ、もし慰謝料請求された場合には反省の心を示していくようにしましょう。

 

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る