芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫の略奪愛を成功させるには修羅場離婚を避けること?

既婚者男性との不倫関係を続けている女性の殆どが、「いつか彼が離婚して私と結婚してくれれば良いのに」と期待しているものです。

 

世間ではそれを「略奪愛」と言い、例え既に男性側の夫婦が離婚を決意していたとしても、女性が略奪したことになるのです。不倫の末に略奪愛を成就させる様々なケースについて紹介します。

 

 

既に夫婦仲が冷めきっていた場合

既婚者男性の夫婦仲が既に冷めきっていた場合、離婚のきっかけを待っていた状態にあります。

 

離婚はエネルギーを必要とするし、夫婦共働きの場合は財産分与等の関係から離婚協議が必要になります。
忙しい中わざわざ面倒な手続きをしたくないと思い、なんとなく夫婦関係を続けているということも多いのです。

 

しかし一度相手に嫌悪感を覚え、顔を見るのも嫌な状態になると、一気に離婚話が進むものです。
そのきっかけが男性の不倫であり、たまたま不倫相手の女性は夫婦のきっかけ作りのタイミングに巻き込まれただけなのです。

 

略奪愛と言われても仕方ありませんが、この場合割とスムーズに離婚が成立するケースが多くあります。
離婚した後に比較的すぐに略奪婚に成功する可能性も高く、不倫だの略奪愛だの言われても結果的に幸せになれるものです。

 

 

少しずつ男性を振り向かせていった場合

最初は男性も奥さんとのマンネリに飽きて他の女性と不倫を始めます。
しかし女性の方がしたたかで、「割り切りだから」と言いながら少しずつ男性を振り向かせる様に努力をした末に略奪愛となります。

 

決して男性に離婚を迫らず不平や文句を言わない場合、実は最初から女性は計画的に男性と不倫をしていたと言って良いでしょう。

 

いかに男性に、奥さんと一緒にいるよりも自分と一緒にいた方が癒されるかということを思い知らせる為に、敢えて何も言わずに包容力で勝負していたという部分もあります。

 

黙って男性を良い気分にしておいて自分の元を離れられなくしておき、いざ男性が「離婚する」と決断したら気が変わらないうちに積極的に男性をサポートして、思いがけない早さで離婚まで導きます。

 

離婚のノウハウから離婚後に二人でどこに住むかなど行動計画がしっかりと練られていて、流れに乗って離婚するしかならない状態にするのが目的です。
男性も一度決断してしまった以上流れに乗るしかなく、気がついたら略奪愛になっていた、ということも多いのです。

 

 

わざとバラして離婚させる場合もある

不倫相手の奥さんがキャリアウーマンで非常にプライドが高い場合、わざと夫の不倫をバラすことで奥さんから捨てられる様に仕向ける女性もいます。

 

この場合、子供がいない夫婦で奥さんが夫と同じかもしくはそれ以上の収入があることが多くなります。
社会的ステイタスもあり、一人でも十分に生きている女性にとって、夫に経済的に頼ることはありません。

 

二人で一緒に暮らしていくことで気持ちが癒されることを目的として夫婦になっているものですが、その癒して欲しい相手が不倫をしていたとなると、人生のパートナーとして一緒にいる必要はなくなるのです。

 

少しずつ不倫の事実がバレる様にしておき、最終的に知人にデートの現場を目撃されることで、夫が浮気していることを知らせていきます。

 

最初のうちはショックを受けたり怒ったりしますが、自立している女性ならば夫がいなくても不自由はしません。
他にもっといい相手を見つけようと思い、奥さんの方から離婚を切り出してくれます。

 

 

おわりに

略奪愛を成功させるには、自分でタイミングを見ながら行動していく必要があります。
不倫相手が離婚を検討していることが分かったら、早めに弁護士探しをしてあげたり、離婚後の二人の計画を立ててしまうことで、長期化させることなく略奪愛を成就させることが大切です。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る