芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫相手と再婚して幸せになる方法とは?

不倫しているカップルは、自宅周辺で堂々とデートをすることもそうできませんし、なにより不倫相手に奥さんがいるダブル不倫の場合には、お互いに配偶者がいることで、余計に気持ちも高まりますし、その背徳感やドキドキ感は結婚前に感じていた恋愛心を思い出させ、余計にハマり込んでしまいます。

 

夫と離婚してこの人と再婚したい、そう思った時、不倫相手の妻と別れてもらい再婚することができるのでしょうか?

 

不倫からの再婚は大変だと事前に理解しておく

不倫中は「この人となら愛情があれば何でも乗り越えれる」と思っていても、不倫恋愛中は相手に自分の良い面ばかりを見せているから、そう思えているだけかもしれません。

 

結婚したことがあるなら分かるかと思いますが、結婚と恋愛は全く別のもので、どんなに好きな相手でも生活していくうちに、相手の嫌なところも見えるようになります。その事もしっかりと見据えた上で、再婚したいのかを自問自答する必要があります。

 

 

再婚に立ちふさがる慰謝料と養育費

結婚生活には愛情も必要ですが、生活していくには何よりお金が必要になります。

 

しかも離婚するにあたって、不倫関係が相手側の妻に知れていた場合には、慰謝料を請求されても文句はいえませんし、子供がいる場合には養育費を受けるのは子供の権利ですので、きちんと支払う覚悟もしておかなくてはいけません。

 

慰謝料や養育費は双方の話し合いで解決する問題ですが、上手く話し合いを進めない限り、再婚すらも夢と消えてしまうことがありますので、十分に誠意を持って話し合いを進めなければなりませんので、話し合いには離婚問題に詳しい弁護士を立て、慰謝料を少しでも低く抑える事をオススメします。

 

 

不倫相手と再婚して幸せになるためには?

離婚後すぐに籍は入れずに同棲から始めてみる

女性の場合、離婚してから半年しないと再婚することはできないこともありますが、離婚後すぐに再婚するのはちょっと危険です。

 

お互いに「この人しかいない」そう考えているかもしれませんが、上記でも書いた通り結婚と恋愛は全く別物ですので、恋愛中のラブラブな気持ちのままっつ走り入籍してしまった場合、一緒に生活しているうちに、相手のだらしない所や今まで気づかなかった一面(DV・アル中・ギャンブル依存など)を見てしまい、後悔しても今度離婚する時にはバツ2になることもあり、離婚へのハードルが上がってしまい、大後悔するこにとになります。

 

同棲してみて相手が結婚生活の中で、自分に依存せず家庭生活を十分に維持していくことができる相手かどうか、しっかりと見極めてからでも結婚は遅くはありませんので、まずは同棲してから決めるようにしましょう。

 

 

余計な嫉妬は命取りになる

不倫から結婚したカップル、いわゆる略奪愛から夫婦になった場合、どうしても相手に「もしかしてまた不倫して捨てられてしまうのかも?」という感情を持ってしまいます。

 

仕事が遅かったり、突然の出張、相手がメールや電話をしている時でさえ、もしかしたら・・・という疑念を消し去るのは難しいです。

 

それは自分達が不倫関係だった時、相手の妻(今は元妻)に感じさせていた感情でもあります。ある意味仕方のない気持ちなのかもしれませんが、疑念を感じることはイコール彼に対する信頼感がないことにつながりますので、変に嫉妬して彼の携帯をチェックしたり、毎日のスケジュールを聞き出し、証拠のために写メを添付させる、飲み会には行かせないなど、変に束縛するようなことをしていては、最悪の状態を迎えてしまうことになります。

 

気持ちは分かりますが、嫉妬をせず彼を手放さないように上手に気持ちをWコントロールしていくようにしましょう。

 

 

おわりに

 

不倫は社会的にもよくは受け取られませんし、家族や友人からも初婚の時のように歓迎されないかもしれませんし、マイナスからのスタートになるかもしれませんが、彼さえいればいいという気持ちを持ち、ふたりで良い家庭を作り乗り越えていきましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る