芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

激しい夫婦喧嘩は子供への影響が強いので控える様にして!

結婚とは、付き合いを重ねることでお互いへの理解と信頼を深めた結果、婚姻することで成立するものです。
お互いのことが好きで必要としているからこそ夫婦になったものに違いありません。

 

しかしいざ結婚してみると、「こんなはずじゃなかった」と言う部分が見えてくる様になります。
特に子供ができてからは妻も強くなりますので、時には夫と派手な夫婦喧嘩をすることもあるのです。
夫婦喧嘩が子供に与える影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

夫婦とはこんなものだと思ってしまう

夫婦の問題は複雑であり、夫婦喧嘩をしているから仲が悪いということではない場合があります。
喧嘩をしてもお互い離婚するつもりはなく、そのままの状態で暮らしているものなのです。

 

しかし子供の目の前で夫婦喧嘩をすると、子供はその状況をストレートに捉えます。

 

子供の理解力では「喧嘩=仲が悪い」と考えるので、自分の両親は仲が悪いのだと思ってしまうのです。
幾ら本人達が「本当は仲が良い」と思っていたところで子供には分かりません。

 

夫婦喧嘩が頻繁にあることで、子供にとって夫婦とは喧嘩をするものだという認識になります。
成長して自分が家庭を持った時に、同じ様に夫婦喧嘩の耐えない家庭になってしまう可能性があるのです。

 

 

他の家庭に憧れて自宅に寄り付かなくなる

子供がたまに友人の家庭に招かれるようになると、友人の両親の仲が良いことに驚きます。

 

もしかしたら友人の両親も見栄を張っているだけかも知れませんが、いつも夫婦喧嘩ばかりしている自分の両親を目の当たりにしているので、円満な他の家庭が羨ましくなります。

 

最初は「自分もこんな家庭に生まれたかった」と思うのですが、段々その気持ちが自分の両親への嫌悪感となって根付いてしまうのです。

 

自分の家庭に対しての不満やコンプレックスが溜まると、自宅に居づらくなってしまいます。
特に思春期になると段々家に帰らなくなったり、非行に走ったりする様になるでしょう。

 

 

自分の存在意義について疑問を持つ様になる

子供が成長すると、自分がどうやって生まれて来たのかを知ることになります。
通常夫婦が愛し合うことで子供が出来て、その子供は両親に大切にされるものだということを学ぶでしょう。

 

しかし自分の両親がいつも夫婦喧嘩ばかりしていると、「一体自分は両親が愛し合って生まれた子供なのか」と疑問に感じる様になります。

 

夫婦喧嘩で怒りに任せて出る言葉について、子供はしっかりと記憶しているものです。
罵り合っている姿を見て言葉を聞いてしまうと、「愛の結晶」とは思えなくなってしまうでしょう。

 

自分は両親にとって必要のない存在なのではないか、だから平気で目の前で喧嘩ばかりするのでは、と思う様になると、次には自分の存在についても意味を見いだせなくなってしまう可能性があります。

 

その結果「両親からみれば自分はどうなっても良い」「どうせ自分は必要ない」など考える様になってしまい、社会性を失ってしまうことになるのです。

 

自分が大切にされていないと思っている子供は、両親だけではなく他人の言葉にも耳を貸さないようになってしまい、自分のカラに引きこもってしまうばかりとなります。

 

 

おわりに

夫婦喧嘩は決して悪いことではありません、元々他人同士なのですから、合わないことを無理に我慢している方が余程精神的に苦痛となります。

 

しかし子供ができた以上、自分達の感情に任せて喧嘩をすることは控えたいものです。
子供の前では激しい夫婦喧嘩はしないこと、喧嘩の後には必ず歩み寄りを見せて家族の絆を深めるイベントを行うことが大切です。

 

子供にとってはどんな両親でも大切な物、自分も両親に愛されて生まれ育ったと思える様な家庭にしていきましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る