芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

男女別、夫婦喧嘩での禁句とは?

夫婦として毎日同じ家で暮らしていれば、機嫌の良い時も悪い時もありますよね。
ささいなことでイライラして、ついつい夫婦喧嘩になってしまうこともあるのでは?
そんなときに、なるべく短時間で穏便に喧嘩を終わらせるにはどうしたらよいのでしょうか?
また、夫・妻それぞれの「これだけは言ってはいけない禁句」とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

 

夫の禁句

まず、夫が妻に言ってはいけない禁句です。

 

「誰のおかげで飯が食えてると思っているんだ?」
夫の方が妻より収入が高い場合に、夫は「養ってもらっていることに感謝してほしい」と考えていることが少なくありません。

 

しかし、妻としては「私が家事育児をしてサポートしているから、存分に外で働けているんでしょう?」と思っているので、一方的な感謝を強要は妻の主婦業に対するプライドを踏みにじってしまうので絶対にNGです。

 

「だいたい、一般的な普通の妻なら・・」
妻にとって、一般的な妻の理想像と比べて批判されるのは耐え難いことです。

 

今、精一杯努力していることに目を向けず「普通ならもっとこうしてくれるものなんじゃないのか」「平均的な妻よりダメな妻だ」と批判されると、家政婦ロボットとして見られているように感じ、妻の夫への愛情が一気に消えてしまうという恐れも。

 

 

妻の禁句

次に、妻から夫に言ってはいけない禁句です。

 

「仕事ばっかりで家庭はどうでもいいのね」

 

夫は「家庭のために」働いていると自覚しています。そのため、その必死の労働はさておき何もしてくれないわねというとらえ方をされることは、一番努力している部分を軽視し無かったことにされているようで、何よりも傷つくのです。

 

「結婚しなきゃよかった!」

 

男性にとって一番傷つくのについつい妻が言ってしまいがちなフレーズが「結婚しなきゃよかった」です。

 

妻としては「こんな喧嘩になるなら、1人でいた方がマシだわ」くらいの軽い気持ちで発言するのですが、男性からすると今までの結婚生活や男性の人間性そのものを全否定する言葉だと感じます。

 

「妻にとって、自分はいない方がいい人間なんだ・・」と大きなショックを受け、仮に仲直りしたとしてもこの言葉だけは忘れることができず、心に大きな傷を残すことになりかねません。

 

 

じゃあ、どんな言いまわしをすればいいの?

では、同じような不平・不満を相手に伝えたい時、どのような言いまわしをすれば攻撃的にならず、かつ的確に意図を伝えることができるのでしょうか?

 

夫から妻への「誰のおかげで飯が食えてると思っているんだ?」「家庭のためと思って仕事に熱中するあまり、視野が狭まっていたならすまない」と言い換えた方が妻にも理解しやすいですし「だいたい、一般的な普通の妻なら・・」と文句を言うよりは「もし?して改善してくれたら、とても嬉しいし助かると思うんだ」と、夫の個人的な感情としてお願いをした方が聞き入れやすいでしょう。

 

同様に、妻から夫への「仕事ばっかりで家庭はどうでもいいのね」も、毎日頑張って働いてくれているから大変だとは思うんだけど、パパ大好きだから子どものことも時々見てあげてくれたらきっとすごく喜ぶと思うよ。」とポジティブなお願いをしたほうが、夫も話を聞きやすいでしょう。

 

また、喧嘩が辛い時は「結婚しなきゃよかった!」ではなく「こんなことになって悲しいし、辛い。改善できることがあるなら改善して仲直りしたい」と一旦、自分から折れて心配してもらうのも手です。

 

 

おわりに

夫婦喧嘩をするとついつい感情が高ぶって、必要以上に相手を傷つける言葉を選んでしまいそうになりますが、冷静に言葉を選ぶようにすれば「喧嘩」でなく、建設的な「話し合い」に変えられるかもしれません。
禁句を使わないように上手く会話をし、良い仲直りができるといいですね。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る