芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

結婚は妥協も必要?仲良し夫婦の共通点

何の不自由も無く幸せそうに見えた夫婦がある日突然離婚をして驚くことがあります。
仲が良さそうに見えても他人には分からないところで問題があり、修復ができない程であったということです。
一方で、結婚後も付き合っていた頃と同じ様に仲良しでいつも一緒に行動している「おしどり夫婦」も見かけます。
羨ましいばかりの仲良し夫婦の共通点とは何でしょうか。

 

 

お互いの「ちょっとオタクな趣味」を認めている

夫婦が仲良しでいられる特徴として一番挙げられるのは「お互いを尊重する」ということです。
考え方や生活スタイルもそうですが、中でも趣味は個人を表現するものであり、趣味を否定することは相手の人格を否定することになってしまいます。

 

仲良し夫婦の中にはお互いが「ちょっとオタクな趣味」を持っていることが少なくありません。
しかしその趣味に不満を言うことはあっても否定をすることはしないのです。
趣味に没頭し過ぎて仕事や普段の生活に支障をきたしたり、出費が多すぎたりした場合には第三者として注意することはあるでしょう。
しかし「程々に」と言うことはあっても「止めて欲しい」とは言わないことが秘訣なのです。

 

夫婦で同じ趣味を持っていればより二人で過ごす時間も多くなりますが、世の中そうはいきません。
相手の趣味に共感はできなくても「その趣味を含めて自分が結婚相手として選んだ人である」と思うことが大切です。

 

 

加算式夫婦であること

婚活で結婚相手を探すとなると、まずは理想の条件が当てはまる相手かどうかから見極めることになります。
付き合う段階で条件を満たしているので、当初は不満は持たないものです。
しかしいざ結婚すると段々相手の短所が見え始め、「こんな筈じゃなかった」と幻滅する様になります。
最初からポイントの高い男性と結婚できた女性ほど落差を感じることが多いのです。

 

これに比べて仲良し夫婦の場合、相手に期待するレベルは最初はとても低いのが特徴です。
「この人と'なら'一緒に暮らしていけそう」「この人と結婚して'も'いいかな」など、自然な流れで多少妥協があっても結婚してしまうのです。
その結果、結婚してから相手の意外な面や良い面を発見できて、ポイントが加算されていくことになります。
相手に対する愛情がじわじわと深まり、年月が経つ程仲良し夫婦となれるのです。

 

結婚をする際にはドキドキする相手よりも、一緒にいると落ち着く相手の方が良いと言われています。
気持ちが癒される相手と一緒にいることで、心にゆとりを持つことができます。
ゆとりを持つことで前向きに物事を考えられる様になり、結婚して悪かった点よりも、良かった点に目が向く様になるのです。

 

 

お互いの性格が全く違うこと

良く相性が合う合わないという占いを気にする女性もいますね。
しかし性格と相性とは全く違うのものです。
仲良し夫婦に共通するのは、夫と妻の性格が全く違うという点です。
明るく外交的な妻には物静かな夫、インテリでキャリア志向の夫にはほんわかタイプの妻など、どうしてと思う程正反対の夫婦程仲良しであることも多いのです。

 

これは片方に足りない部分をもう片方が補えるという方程式が当てはまります。
トラブルがあった時に夫婦揃って落ち込んでいても仕方ありません、どちらかがネガティブな時にはどちらかがポジティブになれる、それでピッタリと相性が良くなり、仲良し夫婦となれるのです。

 

もちろん全く性格が違うことでケンカをすると苛立つこともあるでしょう。
しかし一方が怒っても一方が相手にしない、或いは簡単に謝れることで夫婦ケンカも長続きしないものです。

 

 

おわりに

仲良し夫婦は、「仲良くなろう」と努力をしてもなれるものではありません。
常に相手への感謝の気持ちを忘れずに、一緒に過ごせることでどんなに自分が豊かな人生を送れる様になったかを考えると良いでしょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る