芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

夫の浮気の心配が最高潮に達するのは、妻が妊娠中の時期です。

 

普段から品行方正で浮気なんて絶対に考えられない、そう思っていたとしても妊娠中は家事全般や夫のお世話も今まで通りとは行かず、夫とのスキンシップもなかなか取れなかったり、夫によっては妊娠は病気じゃないからと、家事は今まで通りできて当たり前と思い込み、以前と同じようにできない妻に苛立ちをぶつけてしまい、夫婦関係が冷めてしまう場合もあります。

 

妊婦はホルモンバランスが乱れがちになり、心身ともに不安定になりやすい時期ですので、ちょっとしたことでも夫の不倫を疑ってしまいがちになりますが、そんな時どうやって解決していけばよいのでしょうか?

 

 

夫は妻が母親になる変化に追いつけない?

女性は自分の体内で赤ちゃんがゆっくりと大きくなっていくのを、身体の変化で感じ取ることができますが、男性は妻が妊娠し自分に子供ができたとしても、実際に目の前に赤ちゃんが生まれてきて、突然父親になったという自覚に目覚める方もいますが、生まれた後でもあまり自覚が持てない方がいるのも事実です。

 

そういった男性の無自覚さが、妻が妊娠中で辛い時期でも「オレの世話をしてくれない」「もうオレだけの妻じゃなくなるのか」という孤独感や寂しさをまぎらわすらめに、フラッと他の女性と浮気をしてしまう原因になってしまいます。

 

このように夫に父親となる自覚が無い場合、夫に父親になるんだという自覚を持ってもらうように、妻が促していく必要があるのです。

 

 

妊娠中の浮気はコミュニケーション不足

妊娠は夫婦の中でも喜ばしいものですが、男性には絶対に経験できない大変な事が多いのも事実です。

 

男性には理解できない部分も多いだけにどんなに大変かが理解できず、妻がひとりで大変さと向き合っている間に、浮気をしてしまうことは残念ながら多いようで、妊娠中の不倫が原因で仮面夫婦になったり離婚をする例は数多くあります。

 

この原因は、妊娠中に性的な関係を持ちにくい事の他に、夫婦の間にコミュニケーションが不足していることも関係しています。

 

夫が妊婦の大変さを理解できないなら、妊娠をした時点で、妊娠・出産の間妊婦にはどんな事が起こるか、家事が不十分になることもあるなど、これから起こり得る事を説明しておいたり、妊娠中の不安や胎児の成長を夫に報告し、今赤ちゃんがどんな状態か知らせておくなど、父親になる自覚も促しておくと、気持ちがフラついて他の女性に目移りする「男としての本能」に警告することもできます。

 

夫とふたりっきりの時には、子供の名前やどんな風に育てていきたいかなど、ふたりの赤ちゃんについての話をしたりと、会話をできるだけ増やすようにしましょう。

 

 

妊娠中でもできる事はこなすようにしよう

妊娠中は肉体的な変化も大きく、掃除や料理をするのも大変だと感じることも増えるかと思います。

 

他にも週に1度は行っていた外食などにも出かけられなくなり、自宅でひとりっきりになる時間も増えて、自分だけしか見えなくなったり、ちょっとした事で元気な赤ちゃんが生まれないかも?といった風な、マタニティーブルーになってしまい、毎日外で働いている夫をうらやましく感じることがあるかもしれません。

 

そんな時、自分はこんなに大変なんだからと夫をなじったり、何でも夫にやらせようとするのは間違いで、自分ができる範囲の事はこなしておき、どうしてもできない部分は夫に任せるようにしておかないと、変にストレスが溜まってしまうと、グチばかりこぼしていては自宅へ帰りたくないばかりに、夫が浮気をしてしまうこともあります。

 

 

おわりに

妻が妊娠しても変化がない夫の場合、「赤ちゃんが生まれたら、父親としての自覚が生まれるかも?」と何気に流していると、夫が赤ちゃん返りのような状態になってしまうこともあります。

 

夫の浮気と父親になる自覚を芽生えさせるのは、これからの結婚生活を持続させていくためにも重要な事ですので、妊娠中の苦労もふたりで共有するようにしたり、変な浮気疑惑を持って夫を縛り付けてしまわないように、心にほんの少し余裕を持つことも忘れないようにしておきましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る