芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

罪悪感を持たない浮気、不倫とは?

浮気は「悪」という一般常識がある限り、それを大っぴらにすることは避けるべきでしょう。

 

しかしながら、浮気がスタートしてしまったのであれば、「罪悪感に苛まれて日々を過ごすなんてナンセンス!」だと思いませんか?

 

自分を貶めながら送る人生なんて、愚の骨頂。
罪悪感を持たない思考で、有意義な時間を謳歌しようではありませんか!

 

 

自分が幸せになると、家族はみんな幸せに!

さて、女性が主婦、男性がシングルだった場合を想定してみましょう。
主婦の毎日は、旦那様も子供にも想像が付かないほど大変なものなのです。

 

洗濯、掃除、炊事と膨大な家事を毎日繰り返すことは、思ったよりも重労働であり、達成感が得られにくい分、精神的なストレスを溜めてしまう要因になりかねません。

 

そんな生活を何年にも亘って過ごしていれば、そのうちに殺伐とした家庭に変わっていくこともあるでしょう。
そのような環境に陥ってしまった主婦が、不倫の道を歩み始めたとしても何ら不思議ではありません。
人間、誰もが楽しいことを追い求め、心身共に充実感を獲得したいと思うことはとても自然なこと。

 

そして、一時でも「満ち足りた時間」を過ごすことを取り戻した人は、他の人に対して優しい気持ちが芽生えるのです。
結果的に、家族へ温かい言葉がかけられるようになったり、旦那様に対しても労わりの気持ちが甦ってきたりすることも。
この場合、不倫はきっかけでしかありません。

 

しかしながら、そのきっかけを有意義に活かし、幸せのスパイラルが発生したとも考えられるでしょう。
最終的にみんなが不幸にならないのならば、不倫を絶対悪だと決め付けるのは間違いです。

 

 

ツボを外さなければ、みんなハッピー!

しかしながら、家族間で無理やり波風を立ててはなりません。
不倫であるならば、通常のお付き合い以上にけじめのある潔いお付き合いを心掛けるべきです。

 

どのようなタイミングで会うようにすれば、相手に負担が掛からないのか。
何時に帰ってくれば、家族に喜んでもらえる夕食を準備出来るのか。

 

これらについては、しっかりと善処してください。
こういった現実から目を背けるのはタブーです。

 

自分の喜びを優先するのは重要ですが、周囲の人のことをおざなりにするのは控えるべき。
「ママがご機嫌だと家が明るくなって、みんながハッピーになる!」と感じてもらえるようになれば、ママがお出かけしていても、おしゃれを楽しんだとしても違和感を感じたりすることはありません。

 

 

「かもね」が便利!

もしも家族に気持ちの起伏が不自然だと疑われてしまったらどうしますか?
彼に出会えたことに浮かれ過ぎてしまったり、喧嘩をしたことを引きずったまま帰宅したりしてしまうこともあるでしょう。

 

そんな時には、全力で「そんことないわよ」と否定するのは逆効果。
家族が「もしかして善からぬ事をしているのでは?」と考え始める機会を与えてしまうことになりかねません。

 

そこで効果的なのは、「あ、わかる!?」と認めてから、適当な言い訳をするのが一番です。
気分のムラは誰にでも生じてしまうもの。
それを逆手にとって、生活のワンシーンにしてしまえば、何ら問題はありません。

 

 

自覚を持つべし!

自分の幸せがあるからこそ、家族の幸せを担う気持ちの余裕を生み出すことが出来る。
言葉にすれば簡単なことですが、実際に幸せを実感するのは容易いことではないのです。

 

でも、あなたには心の拠り所があります。

 

不倫をしているからこそ、家族を幸せに出来るんだときっちりと自覚すべきです。
覚悟無くして中途半端なお付き合いをするならば、止めたほうが後々のため。

 

人間誰しもリフレッシュが必要なのですから、その確実な方法として不倫を選んだだけのこと。
そんな心意気で「不可欠な関係」と考えられるならば、あなたの不倫は継続すべきです。

 

 

おわりに

罪悪感を持つ人は善人で、持たない人は悪人という定義は誤りです。
自分の幸せを純粋に追い求め、周囲にいる人をも幸せに出来る人は間違いなく幸せです。

 

不倫は幸せになる為のツールと考えることで、多くの人にハッピーを分け与えることが叶うのです。
罪悪感は自身が生み出す感情にすぎません。

 

不倫を素直に肯定すること。
これからの生き方手引きに加えてみませんか?

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る