不倫関係のデートコースといえば、食事をしてホテルでエッチ。でも都心で働いている不倫カップルの場合、職場の人と遭遇する確率は意外と高いもの。不倫相手、浮気相手とホテルを利用する際の注意点をまとめてみました。

芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫関係でのデートの基本といえば、食事をしてホテルというコースですね。
しかし、都心ではホテル街というのは意外と人通りが多く、知人に出くわす確率も高い危険な場所なのです。
不倫相手とホテルを利用するときの注意点について考えてみましょう。

 

 

予約はしないこと

久しぶりのデートとのことで、勢いがつき、ラブホへ直行したくなります。
最近のラブホは持ち込みが可能だったり、中にはルームサービスが頼めるところもあります。

 

ところが都心のラブホは夜は、手頃な値段の部屋は満室であることが多く、気がはやるあまりに数日前から予約したいと思うでしょうが、バレる原因になりますので、絶対に避けましょう。

 

 

別々に入ること

当たり前のことですが、ホテル街で腕を組んで歩いてはいけません。
ホテルへ行くには、相手と別行動が鉄則です。

 

一人がフロントでの手続きを済ませたタイミングでもう一人が滑り込むように入るのがコツなのですが、中々テクニックが必要です。
また、先にホテルで部屋をとるのは女性側が行った方が分かりにくいものです。
その際には、深めの帽子か大判のスカーフを持ち歩くようにしましょう。

 

 

探偵に注意

相手の男性が既婚者の場合、奥さんが探偵に調査を依頼しているかも知れません。
探偵の調査は、男性と共に女性の顔がハッキリと写っている写真を撮る必要がありますので、意外と近くまで寄ってくるものです。

 

時差をつけてホテルにチェックインしたとしても、エレベーターに乗った瞬間に近づいてきて写真を撮られることもあります。
もしも他人とエレベーターに同乗することがあったら、別々に関係のない階で降りてみたり、間違えたふりをして最上階まで行ってまた一階に戻るなど、相手を撒く行動をとるようにしましょう。

 

もちろん、相手と二人で行動をしないようにします。

 

 

同じホテルを使わない

人気のあるホテルはいつも満室ですが、それなりに空いているホテルがあると、どうしてもリピしてしまうものです。
しかし、同じホテル街に通うことは他人の目に触れ易く、バレる原因にもなります。
行動範囲の中で、幾つかの拠点を押さえておきましょう。

 

 

ホテルという視点を変えてみる

ホテルはなにもラブホだけとは限りません。
最近ではシティホテルや、ビジネスホテルを利用するカップルも増えています。

 

昼間にお得な料金で、休憩サービスを行っているところもあります。
こちらの方が周辺環境が良いので出入りをし易く、別々に行動をすれば人に見られても言い訳がききます。

 

しかしシティホテルはラブホと違って壁が薄いので、声が聞こえ易く、注意が必要です。
また当然のことですが、フロントでは本名や携帯の電話番号などを書かないようにしましょう。

 

 

おわりに

不倫カップルがホテルを利用する際は、これ以上ないという位の注意が必要です。
最高の時間を楽しむ為に、二人でゲーム感覚で完璧なプランを練ることで、よりお互いが盛り上がることができるようにしてみましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る