芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

離婚後の子供の育て方について

子供がいる夫婦の離婚において、離婚後の子供の事は、とても大切なことになってきます。
どちらが引き取って育てるのか?
また、その場合、養育費はどうなるのか?
など決める事が山積。
その為、子供がいない人の離婚に比べ、決める事も多いのが子供のいる夫婦の離婚になってきます。

 

子供の意志を尊重

子供が親の離婚について、理解する事ができる年齢の場合、どちらと生活を共にしたいかなどの意志を尊重する必要があります。
大人の理由で離婚をしてしまう事だけでも十分に深い傷を負っている子供。
その為、今後、どちらとの生活を希望するかぐらいは、意志を尊重してあげるべきだと思います。
とは言え、子供の言うとおりにする事も難しい場合もあると思います。
もし、子供の希望通りの親と暮らしていく事が出来ない場合は、その事を説明し理解させる事も重要です。
また、子供が決めかねている場合でも急がすことなく十分に時間を与え考えさせてあげる事も大切です。

 

 

母親が子供を引き取った場合

多くの場合、母親が子供を引き取る事が多くなっています。
やはり、子供には母親が必要と言う考えのほか、子供自身も母親を選ぶ傾向があるようです。
その場合、父親は養育費を支払う義務が生じます。
これは、義務です。
その為、必ず支払わなければいけません。
もし、父親が養育費の支払いを拒むようならば、弁護士などに間に入ってもらい、しっかりと取り決めを行う事が大切です。
お金の事を後回しにしておくと、どんどん支払いを行ってもらう事が難しくなってきます。
そのような事にならない為にも、しっかりと取り決めを行う事が重要です。

 

 

父親が子供を引き取った場合

子供の意志や母親に子供を引き取る意思がなかった場合、父親が子供を引き取り育てる事も少なくはありません。
その際、養育費の支払いがどうなるのかについてですが、世間的には父親が母親に支払うように思われている養育費ですが、反対の立場になって場合でも同じく支払いの義務が生じます。
その為、母親が父親に養育費を支払う必要が出てくるのです。
しかし、実際の所、母親の方が所得が低い場合が多く、たいていの場合、養育費をもらっていない事の方が多いようです。

 

 

親権と監護権

子供を育てて行くにあたって重要になってくるのが親権と監護権です。
まず、親権とは未成年者の子どもを監護、養育する事。そして、その財産を管理し、その子どもの代理人として法律行為をする権利や義務のことを指します。
一般的に知られているのが、この親権。
その為、離婚後の子供のやり取りで親権争いと言う言葉があるほどです。
しかし、実際の所、子供を育てる場合、親権だけではありません。
次に大切になってくるのが、監護権です。
監護権とは、親が子どもを監護し教育する権利義務の事を指します。
一般的に親権を持つ人が監護権を持つ事になるのですが、時には別々に持つ事も。
その為、両者の違いをよく理解しておく必要があるのです。

 

 

おわりに

このように子供がいる夫婦にとって、どちらが子供を引き取り育てて行くのかという事は、とてもデリケートな問題になってきます。
子供の気持ちを尊重し、なおかつ、子供にとってベストな環境を作り上げる事が、離婚する親にとって、子供にしてあげる大切なポイントになるのではないでしょうか。
また、子供が意志を持つ事が出来ないような幼い場合は、本当にベストな環境を両親で考えてあげる事が重要になってくると思います。
その上で、引き取る方は責任を持って子供を育て、また、手放す方は親の義務として養育費を支払っていく事が重要。
あくまでも、離婚しても2人の子供という事だけは忘れてはいけない事実なのです。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る