芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

妊娠中の離婚をどう回避するかと注意事項について

今や日本では3組に1組のカップルが離婚をする時代です。
そのため、妊娠中であっても性格が不一致になったり離婚をするカップルも増えてきています。
このような離婚を選ぶ人もいますし、夫婦関係の修復も図る人もいます。

 

 

妊娠中に起こる心のすれちがいについて

妊娠中は、個人差はありますが心身に不調をきたすこともあります。つわりで食べることもままならなかったり、起き上がることができなかったりします。一方で、男性が女性の身体の変化についていけない区こともあります。
このため女性の身体の変化に男性がついていけなくなり、心のすれちがいが起こることがあります。
さらに女性には母性本能が生まれるため、赤ちゃんを守りたいと思うがあまり夫である男性についても拒絶してしまったりすることがあります。
性交渉についても、妊娠中だからということで拒絶し続けてしまったりすることがあると、夫婦の溝が深くなってしまうこともあります。そのため、離婚につながりかねません。
さらに原因は夫と妻本人だけではありません。孫が誕生するという喜びであまりにも祖父母がフィーバーしてしまい、過剰な干渉をしたり傷つけるようなことをいうことも、離婚につながることがあります。

 

 

妊娠中の離婚を回避するには

妊娠中の離婚を回避するには、まずは夫側の意見ですと、妊娠中の身体の不調については個人差があることを理解することです。つわりがひどい人もいればそうでない人もいるため、会社の社員など身近な人が妊娠しながら仕事をしていたとしてもそれを妻に求めるのはやめるべきです。
さらに女性側としては、夫が妊娠に対して実感がわかなかったり理解が薄かったりすることを、あまり責めないことが重要です。やはりおなかの中に赤ちゃんがいるのとそうでないのとではとらえ方に違いがあります。
そして、子どものことを二人で話し合うことによって、より心のつながりを深めていくことが必要です。
子どもを持って家庭を築いていくのであれば、夫も妻も自分の実家を基準にしたりするのではなく自分たちで家庭を築く意識を新たにする必要があります。

 

 

妊娠中の離婚で気をつけること

妊娠中にやむを得ず離婚をしてしまった場合、離婚届の提出日に気をつける必要があります。離婚届300日以内の出産であれば、前夫の子となりますが、離婚後300日以上経過してしまった場合、親権も戸籍も母親の私生児となります。
このような場合、認知をするなど、子どもに不利益にならないように考えることが必要です。
妊娠中の離婚であった場合でも、一方に過失があれば慰謝料を請求することができますし、生まれた子どもの養育費を請求することもできます。
一時の感情で養育費支払いを拒絶してしまったりすると、特に養育費は子どもの権利ですので後悔することにもなります。
確実に請求するためには、弁護士などに相談することも必要です。
離婚後に出産した場合、みなし寡婦としての税金や保育所の関係の控除や補助を受けられることもあります。
ですので、しっかりと制度についても調べておき、子どもと母親が健やかに育つように考えるべきです。

 

 

おわりに

妊娠中には、女性の身体の変化に対して、男性がついていけないといったことや、
新しい家族を持つことへの不安が、男女ともに生まれてくることがありますので、
些細なことであっても離婚につながることが考えられます。
そのため、普段よりも相手を気遣って過ごしていく必要があります。
妊娠中に離婚する場合、慰謝料や養育費に関する取り決めをしておくことが必要です。
一時の感情に流されず、子どもが健やかに育つためにどうすればよいか、夫婦で考える必要があります。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る