芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫していた事が子供にバレた時の対処方法

不倫は一度味わうとそのドキドキ&スリルと背徳感がたまらなく魅惑的で、悪い事とは知りながらも、その快楽に流されるように身を任せ破滅へと少しづつ近づいていきます。

 

不倫をしている時にはあまり気づきませんが、不倫が一旦表沙汰になると家庭は崩壊寸前にまで追い詰められます。

 

不倫は夫婦関係がおかしくなるだけならまだしも、子供が物事の道理がわかる年齢に達していた場合、親子関係に一生物の傷や亀裂を作る大きな原因になってしまうのです。

 

 

不倫関係は一時の感情だけど親子関係は永遠に続く

夫との関係は良好だけど、子供が生まれてから「母親」としか見られなくなった、夫の態度が気に入らないなど、穏やかだけど刺激がない家庭環境に物足りなくなることもあります。

 

結婚前の恋愛していた頃の気持ちを取り戻したい、そう思っていたところに、不倫をするチャンスが偶然めぐって来た時、ふと気の迷いのように不倫をしてしまいますが、不倫関係は結婚生活のように長い時間続けられるようなものではなく、平均的に長くて2年間ていどしか続きません。

 

それなら2年間たっぷりと楽しめるのでは?と斜め上の発想をする方もいそうですが、逆を言えばたかが2年間の快楽のために、一生を子供からの軽蔑の眼差しを感じながら過ごすことになりかねないことも、覚悟しておきましょう。

 

 

不倫が子供にバレた時の反応は?

子供の反応は主に2種類で、不倫していることを薄々感づいていて嫌な気持ちを抱えて悩んでいるか、自分の親は不倫をしているなんて思いもしていないかの2パターンです。

 

不倫をしていた事がバレた場合、子供が小さな頃はかろうじて関係を修復する方向で家族関係を修復する傾向にありますが、それでも多くの夫婦が離婚を選択します。

 

子供がまだ小さい頃は、そこまで離婚理由にはこだわりがないでしょうが、子供が小学校高学年や中学・高校生の多感な思春期の子供の場合には離婚理由を知りたがります。そこで自分の母親(もしくは父親)が不倫をして離婚することになったとしたら、当然の事ながら心に大きな傷を残すことになり、今後の恋愛・結婚観を変えてしまう可能性もあります。

 

子供が同性の場合「同じ女だから、恋する気持ちを分かって欲しい」とすがってみても、子供からしたら世間のルールを破り家族を裏切った母親を、母親として好きな分その怒りは大きく、すぐに許してはもらえないでしょう。

 

 

子供へ不倫がバレてしまったらどう対応したらいい?

絶対に言い訳やウソ・悪口をつかないこと

不倫の事が子供にバレた場合、子供に責められることは確実ですが、そこで「お父さんが悪いのよ。お母さんにかまってくれないから」など、自分を正当化するような言葉を吐いたり、自分の女の部分を子供に理解して欲しい、不倫相手の方がお父さんよりカッコイイ、お父さんも不倫してるかもよ?など、言い訳をするような言葉やウソを子供に言ってはいけません。

 

子供は自分の親の「母親」ではなく「女」としての部分をモロに見せられてしまうと、同情どころか嫌悪感しか感じませんし、余計に嫌われてしまいますので、反省の意味も込めて絶対に言い訳やウソをつかないようにしましょう。

 

子供を否定するような事は絶対に言わない

不倫関係にどっぷりハマっていると、不倫当初は子供が帰って来る時間までには自宅へ帰っていたとしても、不倫の楽しさから「子供がいなかったらもっと会えるのに」など、お門違いに子供をうとましく感じることがあります。

 

「あんたがいなかったら不倫もバレなかったのに」「あんたなんかいらない」など、子供を否定するような言葉を言い、否定してしまうと親の言葉を素直に受け止める子供なら「お母さんがこうなったのは自分のせいだ」と悩み苦しみ、抑うつ状態や精神的に不安定になり、自傷行為をしてしまうこともあります。

 

たとえ離婚することになったとしても、子供の事はお父さんもお母さんも愛している事、大好きな事だけはきちんと伝えるようにするべきです。

 

 

おわりに

不倫は下手をしたら夫や子供をも一気に失ってしまう、本当にリスキーな行為です。友人関係にもヒビが入りますし、一番の罪は子供を傷つけてしかうところにあります。

 

もし子供に不倫がバレてしまったなら、言い訳よりも何度でも謝り、まずは子供の心のケアを最優先に考えるように行動していきましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る