芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

離婚の準備。まずはこころの整理からはじめよう

あんなに好きだったはずなのに。
いつの日からか、相手への愛情が嫌悪に変わってしまい、自然と離婚の2文字がちらつき始める方もいることでしょう。
ギャンブルや暴力、借金など、相手側に非があればそれを理由に離婚を切り出すことも可能でしょう。
しかし大きな欠点も見当たらず、強いて言えば「価値観の違い」というぼやっとした理由だとなかなか踏ん切りもつかないものですよね。

 

そこで、離婚したい理由とその後の生活を具体的に考えて、自分の気持ちを整理してみましょう。

 

 

他に好きな人ができた

女性は一度他の人に気持ちが動いてしまうと、もう元には戻れませんよね。遊びだったらやり直すこともできるでしょう。しかし、本気ならもう結婚生活を続けるのは難しいでしょう。好きになった相手と必ずしも上手くいくとは限りません。ただ、自分の気持ちに正直に行動したことで、あなたの未来をいい方向に変えることができるかも知れません。
ただし、離婚を切り出す際に「他の好きな人ができた」というのはマイナスポイントですから、注意しましょう。

 

 

お互いの目指す未来が違いすぎる

新婚の頃に思い描いていたあなたの未来像。ちゃんとかなえられていますか?例えば、子供やペットと暮らしている幸せな家族を夢見ている女性。子供はいらないし、いつまでも自由に遊びたいと考える男性。
いつか相手の考えも変わるだろうと共働きを続け、いつの間にか高齢出産と言われる年齢になってしまったら、女性はあせりますよね。
目指す未来が違う相手をいつまで待っても、状況は平行線のままです。とことん話し合う時間をもっても状況が変わらないのであれば、二人の距離はどんどん離れて行くだけです。そんな無駄な時間を過ごしてもいいのでしょうか?
結婚後3年経っても生活スタイルが変わらない相手とは見切りをつけてもよいでしょう。勇気を出して飛び出せば、自分の夢をかなえてくれる相手が他にいるかも知れないのですから。

 

 

情があって離れられない

離婚後の自分を想像してみたものの、相手への情が邪魔して踏ん切りつかずまあいいかと思いながら毎日をやり過ごしている。
やり過ごせる程度の嫌悪感であれば、離婚する必要もないでしょう。しかし、離婚を想像するということは、何かしらの不満があるはずです。情というのは厄介です。相手にたくさんの情を与えても、あなたが満足するほどの情を返してくれるとは限りません。
好きで結婚した相手を損得勘定で計るのはなんだか悲しいのですが、そのくらい客観的にシビアに考えてみましょう。
本当は今の生活が変わることが不安なだけで、相手に対してはそんなに情はないのかも知れませんよ。
一番に考えることはあなたの幸せです。辛いと思うのは一瞬です。それを乗り越えたあとには、素敵な未来が待っているかも知れませんよ。

 

 

離婚後の生活費が不安

会社勤めのブランクが長いと、積極的に働きに出るのはなかなかハードルが高いかも知れません。現状維持と新生活を天秤に計ってみて、リスクを冒してまで生活を変える気がなければ、離婚は留まりましょう。
不安があっても、今の生活を変えたいのであれば、一歩踏み出してみましょう。ハローワークに通ってみると、職員のみなさんが親身になって相談に乗ってくれます。まわりの友人にも相談してみるのも良いでしょう。現状を変えたいと行動するあなたの勇気にみんなが力を貸してくれるでしょう。

 

 

おわりに

決して離婚を推奨しているわけではありませんが、自分の気持ちにふたをして我慢し続ける生活よりも、自分に正直に生きてみてはいかがでしょうか?人生は一度きりです。悔いのないように、こころのあるままに行動してみませんか。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る