芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

「不倫すると後悔する?」知っておきたい不倫のデメリットとは?

相手が既婚者と知っていても、どうしても好きな気持ちが止められなかった。
「バレてしまったら、その時は二人で罰を受けよう!」。
そう決意して愛を貫いた二人であっても、いざ不倫が公になってしまったとき、想像しないような事態にうろたえ「やめておけばよかった・・」と後悔してしまうというケースは少なくないでしょう。
不倫の恋で後悔しないためには、愛を貫く決意の前に知っておきたいリスクが存在します。

 

 

バレた場合のリスク

まず、初めに思いつくのは不倫がバレてしまった場合に起こりうる事態でしょう。
妻からの慰謝料請求があったり、職場にバレれば仕事を失う可能性も。
裁判沙汰になれば一生消せない記録が残ってしまい、その後の恋愛や結婚に悪影響を及ぼすことも考えられます。
金銭面では慰謝料が払えなければ親に頼らざるをえない可能性もあるため、家族関係の悪化も招きかねません。
地元のコミュニティが小さければ、同級生や友人を介して噂が広がり、長く肩身の狭い思いをする恐れもあるでしょう。
こうなってくると、バレたその時限りの問題では無くなってくるため、それだけのリスクと天秤にかけても、どうしても彼とお付き合いすることに価値があるのかをよくよく考えて不倫の恋を始めた方がよいと言えそうです。

 

 

もし離婚から再婚できたとしても?

では次に、不倫の恋を乗り越え、晴れて離婚の後、不倫相手と結婚できたパターンについて考えてみましょう。
一番後悔が少ないのは、離婚前の夫婦間に子どもがいなかった場合です。
夫婦2人の気持ちの切り替えさえできれば、上手に新しい家庭を築いていくこともしやすいでしょう。
しかし、既婚者側に子どもがいた場合、後悔するような要素が複数あります。
まず、罪の無い子どもを、一方の親から引き離してしまうという罪悪感はかなり堪えるものでしょう。
再婚後も、パートナーは別れた子どもに会うために前配偶者を連絡をとり続けなければならないので気持ちの面でも不安が絶えませんし、金銭的にも養育費や慰謝料をながく支払い続ける義務を負うことが多いので、新しい家庭に不満の火種を残すことになってしまいます。
また、結婚できても「次は私を置いて別の女性に走るのでは」といった不倫に対する不安も他の過程より強くなる可能性が高いでしょう。
不倫からの結婚を考えている場合は、そのマイナス要素もよく調べておき、あとから後悔することが無いようにしたいものです。

 

 

誰にもバレずに恋が終わった場合

最後に、結局最後まで誰も不倫に気付かなかったパターンです。
バレずに不倫が終わるということは、一見何のリスクもなく後悔などするのだろうか?と思ってしまいがちですが、それは違います。
一度は情熱的に愛した相手が、何のダメージもなくあなたと別れて素知らぬ顔で家庭に帰っていくということは、物質的なダメージはないものの「遊ばれた」という苦い記憶として残ってしまい、精神面での後悔は非常に強くなってしまうでしょう。
結婚適齢期の女性にとっては、妊娠確率の高いとても貴重な時期を、一緒になれない男性に捧げてしまことになるので、その後の恋愛に臆病になってしまう部分もあるでしょう。
このような目に遭わないためにも、好きになる基準は高めに設定しておいたほうが安心と言えるかもしれません。

 

 

おわりに

いかがでしょうか?
いくら不倫とは言え、愛情や突っ走る気持ちだけで手を出していては想像を絶するダメージを受けて、後悔しかねません。
もし既婚者を好きになってしまったら、それをきちんと理解した上で上手に恋を楽しみたいものですよね。
事前に想定されるリスクに対してどう行動すべきか意識していれば、後悔の無い素敵な恋ができそうですね。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る