芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

何か不満があるの?妻が不倫に走ってしまう心理状態とは

一般的に、夫の不倫よりバレることが少ないと言われているのが「妻の不倫」。
男性より女性の方が家庭を壊すことなく、こっそりと不倫をしていることが多いようです。
いったいなぜ妻は、上手に嘘を重ねてまで不倫に走ってしまうのでしょうか?
その理由について考えていきます。

 

 

夫に非がある場合

本来の性格は真面目な妻のはずなのに不倫に走ってしまったというケースでは、詳しく見ていくと夫にも何らかの原因があるという場合が多いようです。
夫婦生活も長くなってくると、相手に何かをしてもらうことが当たり前になってしまったり、また反対に相手に尽くさなくても許されてしまうとそれも当たり前になってしまいます。
具体的に言うと、家事育児はしてもらって当然と考え妻にねぎらいの言葉をかけたり感謝の気持ちを伝えない。
仕事で疲れていることを言い訳に、妻との会話をせず夫は趣味や友人との付き合いにばかり熱中してしまう。
面倒だからと夜の生活を拒否し続けるといった行動が挙げられます。
気の強い妻であれば「何なのよその態度は!改善しなさい!」と気持ちをぶつけることもできますが、むしろ気の弱い真面目な妻ほど「言えない、我慢しなければ・・」とストレスを溜め、やむなく助けを求めるように他の男性に向かってしまうという心理状態があるようです。
夫には後ろめたさがあるため、完璧に不倫の隠ぺいをします。

 

 

夫に非の無い場合

次に、夫には何の非も無いケースを見ていきましょう。
この場合、夫は真面目に働き、家事育児に対しての感謝もし、妻を女性として認め褒め称え、夜の生活も夫からコンスタントに誘えているものとします。
客観的に見ると何の問題もなく、まさか妻が夫に対して不満など感じるわけがないと思えるのですが、この平和で安定した幸せが一部の「恋愛ハンタータイプ」の妻にとっては、ぬるま湯に浸かるような不快なマンネリと感じられることがあるのです。
「いつもベタベタしてきて嫌ね」「あなたなんかに触られても嬉しくないわ」と、残酷な感情を抱き、異性を追いかけるスリルを求めて外の男性に走ってしまいます。
非常にやっかいなことに、このタイプの女性は万が一不倫がバレても、なかなか素直には反省してくれません。
自己中心的なきらいがあるため「あなたの魅力が無いのが悪い」と、潔白を主張してやまないのです。

 

 

妻を不倫に走らせないためにできること

では、妻の不倫を止めることはできないのでしょうか?
これらの現状を見て気付くことは、両者「妻の不満に気付けていない」ということです。
前者であれば、妻を虐げていることの自覚が無く、実は横柄な態度でいるのにそれに気付けていません。
後者であれば、妻を愛し尽くしているのだから、きっと妻も幸せだろうと考え、妻の求めている「ドキドキ」を提供できていないことに気付けていません。
つまりはどちらのパターンでも、本当の妻の気持ちが見えていないのです。
妻に不倫をさせないためには、妻を日頃からよく観察し、どのような感情でいるかを見抜くことが重要と言えるでしょう。
優しさに飢えている妻には感謝やねぎらいの言葉、「綺麗だよ」「好きだよ」の一言を。
新鮮味やドキドキ感を求めている妻には、尽くすばかりの愛情表現はいったんお休みして、夫自身がお洒落をしたり仕事や趣味に打ち込むなど新しい魅力を身につけることで、現状を打破することができるかもしれません。

 

 

おわりに

いかがでしょうか。
このように詳しく見ていくと、妻が不倫に走ってしまう心理状態が見えてきますね。
今に安心し過ぎず、いつも相手をよく見てあげることが妻の不倫防止、ひいては長い夫婦生活の円満の秘訣となってくれるのではないでしょうか。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る