芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

これだけは言わないで!夫婦喧嘩での「禁句」とは?

きっかけはごくささいなことでも、ヒートアップするときつい言葉が飛び交ってしまいがちなのが夫婦喧嘩。
何気ない一言にカチンとしてしまうと、ついつい相手を言い負かしたい気持ちになってきて、相手に対して思ってもいないような批判をしてしまうことってありませんか?

 

仲直りすれば喧嘩そのものは終わりですが、あまりに酷いことを言われると後々引きずってしまう場合も。
最低限避けるべき、夫婦喧嘩の禁句とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

 

妻から夫に言ってはならない禁句

基本的に避けるべき禁句は、喧嘩が終わってしまった後も心にわだかまりを残すような言葉です。
妻から夫に言ってはならない禁句は、労働を否定する言葉です。

 

具体例を挙げるなら「あなたは仕事ばかりで、全然家族のことを考えていない」「また残業なの?いいかげんにしてよ」などです。
ほとんどの既婚男性は、家族を養うことに責任を感じ、社会のストレスにさらされてもそれに耐えながら働いています。

 

それを「あなたの都合よ」と言わんばかりに否定されると「家族のために働いているんじゃないか!」「残業だってしたくてしているわけじゃない!」と非常に傷つきます。

 

精いっぱい頑張っているのに「何を怠けているの?」と言われているようなもので、こう言われてしまうと、その場限りの喧嘩は終わっても「働くことが精いっぱいの愛情表現なのに、妻は全く見てくれていない」と、大きな遺恨を残すことになるのです。

 

 

夫から妻に言ってはならない禁句

夫から妻へ言ってはならない喧嘩の禁句は「結婚の後悔」と「思いやりの放棄」です。
女性は男性との関係性に置いて、結婚後も継続して愛情表現を求め続ける傾向にあります。

 

そのため、結婚を決断した時の気持ちが不確かなものになるのは、耐えられないほどの苦痛になるのです。
たとえそれが売り言葉に買い言葉で口をついて出たものであっても「そもそもお前とそんなに結婚したかったわけじゃないし」とか「元カノと結婚してればよかった!」といった言葉は、一生頭から離れなくなってしまうことでしょう。

 

また、感情的で二転三転する女性の思考についていけなくなり「もうどうでもいい」「勝手にしろ」「自分でなんとかしてくれよ」などと問題そのものを丸ごと放棄してしまうような発言も、愛情がすっぱり絶たれたように感じ、妻を絶望させてしまう表現なので、避けた方がよいでしょう。

 

 

禁句の共通点は?どう言いかえればいいの?

このように、男性から女性、女性から男性へのそれぞれの禁句を見てみると、いずれも共通して「自分が辛いから、相手を否定して気持ちを落ち着けようとしてしまっている」ということが言えます。

 

これらの禁句が相手を深く傷つけるのは、思いやりが抜け落ちてしまっているからなのです。
では、何も言わずに我慢するしかないのでしょうか?
実は、言い方一つでこれらの感情の伝え方は大きく改善することが可能です。

 

夫に「仕事ばかりして、家族のことも考えてよ!」と思う時は「いつも仕事大変だよね、ありがとう。本当は子どもたちもお父さんとの時間がもっと持てたら喜ぶんだろうけど・・」とねぎらいつつ希望を伝える表現にするだけで、言っていることは同じでも受ける印象は変わります。

 

妻に「もうどうでもいい、勝手にしろ」と思ってしまう時は「受け止めてあげられなくてごめんな、今夜は疲れて頭がまわっていないんだ。かならず明日、もう一度ちゃんと話を聞くから」と、思いやりを見せて安心してもらい、翌日以降に持ち越せばよいでしょう。

 

 

おわりに

喧嘩になっても、どちらかが冷静になることさえできれば、もっと建設的な会話ができるはずです。
カッとなりそうなときは深呼吸して、相手への愛情を思い出してみるといいかもしれませんね。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る