芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

マンネリしない?夫婦でラブラブな生活を続けるコツとは

「一生君を守るよ」「あなたさえいれは他に何もいらないわ」そんな情熱的な恋心をもって永遠の誓いのもと結婚した二人も、3年・5年・10年と共に過ごせばすっかりお互いを知りつくしてしまいます。

 

「もう家族か、ただの同居人って感じ」「特に妻(夫)のことを何とも思わなくなった」という夫婦がいる一方で、年齢を重ねてもお互いを異性として愛し、二人だけで手をつないで出かけるといったいつまでたってもラブラブな夫婦も。

 

では、いったいこの二者の違いはどこになるのでしょうか?

 

 

そもそも「マンネリ」とは?

一般的に、夫婦の愛情が薄らいでしまう大きな原因の一つと言われているのが「マンネリ」です。
言葉は聞いたことがあるけれど、そもそもマンネリとは何でしょうか?

 

マンネリとは日本では「飽きた」「やる前から結果が見えて新鮮味がない」「新たな魅力が無い」といった意味合いで使われることの多い言葉ですが、本来は型にはまった形式主義、様式主義のことを意味します。

 

つまり、毎日の生活が慣れた形式化してしまって、新たなドキドキが生まれていないということです。

 

よく考えてみると贅沢なもので、独身の恋人同士であればきっとドキドキワクワクするであろう「今日は彼に会えるわ!」とか「彼女が俺に手料理を作ってくれた!」といったイベントも、それが毎日のこととなると途端にありがたみが無くなり、感謝も喜びもしなくなってしまっていると言えます。

 

では、どうすればこの「マンネリ」を打破できるのでしょうか?

 

 

妻から夫へ

マンネリを打破したいとき、妻から夫への態度で鍵となるのは「感謝」「尊敬」「許容」です。
慣れを見直すため、普段の生活から夫がいなくなることを想像してみてください。

 

例えば家計の中心となっていた夫の収入が無くなります。
高いところの電球は自分で換え、重たいゴミ出しも自分で。

 

遠出で疲れた時、誰も運転を代わってくれません。
夫のいない世界の不便さに気付くと、それらの行為がいかに愛情に裏打ちされたものかひしひしと感じるでしょう。

 

その気持ちが湧いてきたら、あとは「いつも?してくれてありがとう」「疲れてるのに?してくれてるね」と言葉にして気持ちを伝えればOK。
いつもなら「どうして靴下脱ぎっぱなしなの!?」と怒りたくなる時も「普段頑張ってるし、たまには仕方ないかな」と許容の気持ちが生まれ、良好な関係を築けるでしょう。
夫は妻を愛おしく思うはずです。

 

 

夫から妻へ

一方で夫から妻への態度で重要なのは、生活面では言葉より行動になります。
一生懸命に食器洗いをしている妻に「いつもありがとう、助かってるよ!」と言っても「当然じゃない。で?」と思われかねません。

 

料理など慣れない分野で無理をする必要は無いので、食器洗いやお風呂掃除などできることでいいのです。
家事を折半して妻の負担を減らし、ゆっくりできる時間をプレゼントしてあげましょう。

 

その上で「いつもありがとう」と伝えれば、妻は夫からの愛情を感じ、再び「優しいな、手でもつないでみようかな」「お出かけしたら楽しいかも」とポジティブな感情になってくれるでしょう。

 

「言わなくてもわかる」と考えずに、具体的なパーツで容姿を褒めるのもいいですし、安いものでも構わないのでアクセサリーなどを一緒に選んであげるのも効果的です。

 

 

おわりに

ほんの些細なことですが、行動を見直して「形式化」したマンネリ生活を見直すことで、誰でも簡単にラブラブな夫婦生活を取り戻すことができる可能性があります。
夫婦関係に諦めを感じてしまっている人も、一度試してみてはいかがでしょうか?
嬉しい変化が感じられるようになるかもしれませんよ。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る