芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

「浮気」したとき許してもらえる?されたら許せる?

特定の恋人や配偶者がいるとき、可能なら極力関わりたくないのが「浮気問題」。

 

自分とパートナーの関係が上手くいっていればいいのですが、現実はなかなかそうもいかず、不安定な時期につい他の異性に甘えてしまったり、相手が遊びに走ってしまったりすることも。

 

そんなとき、幸いにも本気の心変わりにならず元の鞘におさまれそうだとして「許してもらう側(加害者)」「許してあげる側(被害者)」は、それぞれいったいどのように行動すればよいのでしょうか?
詳しく見ていきます。

 

 

許してもらうには

浮気をした本人は「一時の気の迷いだとわかってほしい」「本当に好きなのは君だけだ」など、つい浮気を大したことではない、受け流してほしいと自分の都合のよいようにとらえてしまいがちです。

 

しかし、その姿勢こそが相手をさらに傷つけ、より信用を無くしてしまうのです。
自分の感情を説明するよりも、相手の気持ちに共感し、いかに大事な人の心を踏みにじったかを理解し謝罪することが重要になってきます。
「一時の気の迷いとはいえ、本当に酷いことをしてしまった」「一番大好きな君を傷つけてしまった」と心から謝ることを優先させましょう。

 

その上で、今後相手を不安にさせ続けることが無いよう、建設的に今後の対応を話し合うことが必要です。
例えば、友達同士であっても異性と2人きりでは会わないとか、飲み会に行く時は電話で帰宅の連絡を入れるなどのルールを決めるのも良いでしょう。

 

「もし、再び浮気するようなことがあれば必ず別れる。次は許さない」などの約束をするのも効果的かもしれません。
とにかく、少しでも相手の不安を取り除くことに協力することで、相手も安心し「許そうかな」という気持ちになってくれるでしょう。

 

 

許してあげるには

反対に、あなたが浮気をされてしまった被害者の立場の場合は、どのように振る舞えばいいのでしょうか?
被害者の立場では、自分に非は無いのに相手に裏切られた場合、特に深く心に傷を負っている状態だと思います。
その傷も癒えないうちに、相手を許容して許してあげるのは、精神的にかなり負担の大きい作業です。

 

ストレスを我慢して表面上だけ許したふりをしようとしても、いずれは無理が出てきます。
そのためには、まず「いかに辛く傷ついたか」を存分に相手に吐き出した方がよいでしょう。

 

泣いても、怒っても構いません。
すっきりするまで感情をぶつけ、それから今後のことについての話をしましょう。
次にすべきことは、相手が本当に反省しているかの確認です。

 

「相手が誘ってきたせいで・・」「ちょっとノリで。ごめんね」など言っているうちは反省していないので、許すべきではないでしょう。
心からの謝罪を聞けて、今後の不安が拭えたと感じられたら、いよいよ許してあげる時です。

 

実現可能な今後のルール作りを提案し、相手が積極的にルール作りに発言してくれれば、かなりポジティブな気持ちになれるはずです。
そこまできたら、あとはなるべく蒸し返しでの罵倒は避け、相手の頑張りを見守ることで許してあげましょう。

 

 

周囲の力を借りてみる

ここまでは2人の間だけの関係性で対応を話して来ましたが、場合によっては友人や家族の力を借りるのも一つの手です。
友人に、合コンに誘わないようにお願いしてみる。
夫婦であれば義母に叱ってもらうなど、外堀を埋めることで今後のリスクを無くしていけば気持ちが落ち着き、許したり許してもらったりしやすくなるでしょう。

 

 

おわりに

一度失った信用を取り戻すことはとても難しいことですが、お互いを思う気持ちが本物ならなんとかして関係を修復したいですよね。
お互いの感情をよく考えて、以前より強い絆を手に入れることができるケースもあるはずなので、前向きに行動してみるのが良さそうです。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る