芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫の4つのタイプ別の楽しみ方

結婚をしていても、恋はするものです。家庭がうまくいっていても、ときめいてしまうものです。決して、ときめこうなどと思っていたわけではないのに、気がついたら、心奪われてしまっている時もあるのです。しかし、不倫という形になるのであれば、その続け方にはコツがあります。そのコツを不倫のタイプ別にピックアップしてみました。
参考元:不倫愛

 

既婚者だと知らせていなかった既婚者と独身者のパターン

このパターンで、最も多いのは既婚男性と、独身女性でしょう。このパターンの場合、出会った時には既婚者の男性ほうが結婚をしている事を知らせていないパターンと、初めから皆が既婚者だと知っているパターンがあるでしょう。

 

つき合いはじめた時に、相手が結婚していた事を知らなかったというパターンの場合、それを知った時には独身者のほうはショックでしょう。この場合、関係を続けていきたいと思っているのであれば、将来の話しは会話の中に出さないほうがよいでしょう。一緒にいるその瞬間瞬間を思いっきり楽しむのです。

 

初めから既婚者とわかっている人と独身者のパターン

初めから既婚者だと皆が知っている人とつき合う場合、この既婚者の人は自分に自信がある場合が多いです。結婚していていも、じぶんはもてると自覚しているのかもしれません。こういうい人とのお付き合いは相手のいいところを吸収するような気持ちでつき合いましょう。人間的に魅力のある人が多いです。

 

離婚する意志は全くない既婚者同士のパターン

既婚者同士の不倫の場合、お互いが結婚をしている事を知っている上でつき合う場合が多いでしょう。不倫の間柄で、この関係が一番うまくいきやすいのかもしれません。お互いに立場が同じだから、考えている事も理解しやすいでしょう。

 

この関係の場合、自分の夫や妻とでは楽しめない事を楽しみたいと思っている場合が多いでしょう。それを思いっきり楽しみましょう。刺激的なデートがしたいのであれば、それを思いっきり楽しみましょう。

 

そして、楽しんだら、家に帰り、我にかえり、自分の家庭での役割を果たしましょう。決して、妻や夫に、いつもよりも、優しくしすぎたりしてはいけません。それは不自然です。

 

どちらかが離婚を考えている既婚者同士のパターン

不倫カップルのどちらかが、離婚を現実的に考えている場合には少し注意したほうがいいでしょう。不倫のおつき合いは不倫のおつき合いと割り切っているか、割り切っていないかで、段々2人の関係がうまくいきにくくなる場合があります。

 

相手が離婚を考えていて、自分と結婚をしたいなどと言われた場合には注意する必要があります。もちろん、自分がその不倫相手と一緒になりたければ、将来的にはそれもよいでしょうが、自分の家庭のことを考えなければいけません。不倫がばれてしまって、自分が不利な立場にならないように、注意をしなければなりません。ややこしい裁判にならないように、十分に気をつけて行動をしましょう。

 

終わりに

自分にとって、不倫の関係がどうしても必要な時も、人生にはあるものです。誰も言ってくれない愛の言葉を不倫の相手は言ってくれるのかもしれません。自分の体の隅々を褒めてくれるのかもしれません。不倫であるということが、心も体もとても燃え上がらせるのかもしれません。自分の知らない世界を見せてくれるのかもしれません。それは享受してもよいのです。傷つく人が出ないように、そして、自分をも傷つけないように、その関係を楽しみましょう。

 

そのうち、ふっと自分の中で、その関係に区切りがつく場合もあります。その場合はそこから、また新しい人生をはじめましょう。一緒にいて、楽しかった思い出は自分の心の中の宝石箱に入れて、鍵をかけておきましょう。他言無用です。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る