芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

W不倫(ダブル不倫)がスタートするキッカケは?出会いは?

結婚生活が続くと、どんな夫婦でも不満が出るもの。
それを話し合い、改善できるのが理想ですね。

 

しかし、なかなかそう上手くは行きません。

 

そうなると、家庭以外に心の拠り所を求めてしまうのは男女とも同じ。
結果的に「W不倫」になってしまう場合も多いようです。

 

 

W不倫のきっかけ

最初から「不倫をしよう!」と思って結婚する人はいないでしょう。
しかしそうなってしまう人は後を絶ちません。
というのも、人は常に心が満たされないと生きて行けないからです。
本当は配偶者に満たしてもらうのが一番良いのはわかっています。
でも相手がもし協力的じゃなかったら、どうしようもありません。

 

既婚者の気持ちを一番理解できるのは同じ立場の人。
つまり既婚者同士が求め合ってしまうのです。
W不倫はこうして誕生していきます。

 

 

W不倫のメリット

お互いの気持ちを非常に理解し合えるW不倫。
子供がいれば、教育などについても語り合えるでしょう。
子育ての悩みだって共有できるかもしれません。

 

それから事情が似通っているため、トラブルが起こりにくいのです。
たとえば家庭の事情でデートをドタキャンしなければいけなくなった時。
相手がフリーだと、間違いなく不満が出るでしょう。
しかしW不倫では「お互い様」で終わります。

 

あとは束縛感が少ないのもメリット。
独身者と既婚者の不倫では、本気になるほど嫉妬が募ります。
「家庭を捨てて欲しい」
そんな無理難題を押し付けられる場合もあるでしょう。
「家族にバラす」
なんて脅迫めいた言葉を言われたら、苦しくなってしまいますよね。
でもお互いが既婚者であれば、そんな心配は無用です。

 

 

W不倫のデメリット

しかしW不倫も良いことばかりではありません。
たくさん制約があるので、恋愛がスムーズに行かないことが多いのです。

 

たとえば時間。
既婚者同士がデートする時間を確保するのは非常に難しいもの。
子供が小さければなおのこと、突然用事が出来たりもするでしょう。
休日も家族サービス優先になります。
まとまった時間が取れずに、会っても「セックスして終わり」になりがちです。

 

次にお金。
どちらも家計からデート予算を捻出しなければなりません。
しかし日々のホテル代だってバカにならないのです。
「お金が無い」という理由で、会う回数が減ってしまうことも。

 

あとはやっぱり嫉妬心もあるでしょう。
自分にも家族がいるのですが、それが逆に想像を駆り立ててしまうのです。
「彼も今頃こんなふうに・・・」
より鮮明に推測できるため、苦しさも倍増します。

 

 

おわりに

「バレたら大変」
その共通の思いが、二人の絆をより深めるW不倫。
二人の幸せが家族の不幸と背中合わせなことは、忘れないようにしたいですね。

 

 

 

 

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る