芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

社内不倫、不倫を軽蔑していた私の体験談

会社に就職して、最初に配属されたのが営業部でした。
営業部の部長は40代半ばのダンディな人。
20以上違う男性にときめいたのは初めてのことでした。

 

落ち着いていて、お洒落で、仕事が出来る。
そんな姿は同年代にはない魅力に溢れていました。
部長の上にはお子さんの写真が飾ってあって、マイホームパパなところも素敵に思えました。

 

当時新入社員の私が部長と直接話をする機会は殆どなく、遠目で憧れている…そんな感じの日々が続きました。

 

ある時、会社の展示会を開催するのに、新入社員が受付を担当することになりました。
展示会すべてを仕切っているのが営業部長で、展示会場であれこれ直接指示を出してもらったのは、あの時が初めてです。
展示会が終了し、打ち上げの飲み会で言葉を交わしました。

 

それからしばらくしたある日、会社帰りにショッピングをしてドトールに入ったら、部長がいたのです。
残業後の一服をしていると言って、同じ席に招かれました。

 

「最近は仕事慣れた?」と仕事の話をしていたら
「飲みに行くか?!」って話になって、二人で居酒屋に。
仕事の話だけでなく、学生時代のことや恋愛観など、いろんなことを話したんです。
部長さんなのに、こんなに話しやすい方なんだって益々好きになっちゃいました。

 

それから、時々二人で飲みにいくようになりましたが、身体の関係なんてありませんでした。
だけど、ある時私がすごく酔ってしまって、部長が酔った私を介抱してくれました。
私は心の奥で部長と肉体関係を持つことを望んでいたのかもしれません。
その夜、部長と結ばれました。

 

「俺には嫁さんも子供もいるから、家族は大事なんだよ。
それでもいいのか」

 

肉体関係を持つ前に、部長から何度も聞かれましたが
「それでもいいから」と身体を預けたんです。

 

 

それからも、社内でばれないように関係を続けています。
連絡はもっぱら社内メールで、万が一メールが第三者に読まれても、ばれないようなルールを決めてやりとりしています。
部長は忙しい方なので、頻繁に会うことは出来ないのですが、月に一二度位の頻度で関係を続けています。
会って別れると、また会う次を楽しみにしています。
いえ、その楽しみを励みに仕事に行っているくらいです。

 

私が行ったことがないようなバーや、大人な雰囲気のお店にも連れていってくれて、同年代の男性にはない魅力があります。

 

ただ、辛いのは、週末ですね。
こちらからは連絡できないし、週末はいい夫、いい父親をしているのかと思うと、切なくなります。

 

本当は別れなければいけないと思ったりするんです。
でも、もう同年代なんて考えられないし、影の身でもいいから部長の傍にいたい。

 

私はこうして不倫関係を続けて5年になります。

 

友人の中には、結婚をした人もいます。
普通に恋愛をして、普通に結婚していく友人を見るたびに、正直羨ましいと思うこともあります。

 

それでも、部長を知ってしまった私は、今部長以外の男性を見ることも、同年代の男性を異性として見ることも出来なくなっています。

 

明日は部長と二人で食事に行きます。
明日のために、お肌のお手入れをしっかりして眠りたいと思います。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る