芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

社内不倫は職場恋愛と比べ物にならないリスク

「社内恋愛」と言うと、独身同士の二人が社内で知り合い恋愛することですが、社内では公にせず交際を続けるカップルが多いものです。

 

では、男女のどちらか、もしくは両方が既婚者である「社内不倫」の場合はどうなのでしょうか?

 

中にはどちらも既婚者のW不倫の場合もありますが、社内不倫の多くが、既婚者男性(上司)と独身女性(部下)の関係です。

 

女性が社会に出て働くようになってから、職場で恋に落ちる可能性は誰にでもあります。
特に、社会に出てからは、年々仕事以外で異性と出会う機会は減っていくもの。

 

どの会社でも、一組や二組は社内恋愛の末、結婚したご夫婦がいるはずです。
それだけ、社内は男女の出会いの場でもあることは確かです。

 

しかし、そんな社内恋愛すら敬遠する会社があります。
恋愛が業務に影響を与えることを敬遠してのことなのですが、
隠れてでも育んでしまうのが人の心情というもの。
恋をした以上、それが社内であろうとなかろうと、関係ありません。

 

一方、社内不倫となると、社内恋愛以上のデメリットがあると言われています。

 

男女問題、とくに不倫問題は複雑な感情が絡むものだとされています。
その感情の乱れが、職場の他の人たちや仕事に影響することは、会社としてはマイナス要因となります。
その為、万が一不倫が発覚した場合には、それ相応の処分が下されます。

 

まず、二人がそのまま同じ職場で仕事をすることはなくなるでしょう。
転勤や左遷、場合によっては解雇することもある位です。

 

問題は、こうなった時には、それまで隠し通していた不倫関係が、職場の人間や家庭、身内にばれることになります。

 

その結果、家庭不和を招き、慰謝料を請求されて離婚を申し出させることもあります。
離婚を回避出来たとしても、一度失った信頼を取り戻すのはものすごく努力と忍耐が必要です。
何もなかった時の家族に戻るには、並大抵の努力ではないと思います。
伴侶だけでなく、親や兄弟、親戚まで、その影響は大きいはずです。

 

 

職場の人たちの間で噂は広まり、好奇の目で見られたり、腫れものに触るかのように扱われ、職場にいることが苦痛になることもあります

 

どちらにしても社会的にも個人的にも窮地に追い込まれことは間違いないでしょう。

 

 

ただ、それだけ危険を侵して密会する関係には刺激があります。
常にばれてはいけない「二人だけの秘密」の不倫関係は、ドキドキハラハラした緊張感を伴います。
そんな緊張感は普通の恋愛にはない刺激なのです。
強い刺激を一度受けてしまうと、普通の刺激では物足りなくなります。

 

刺激的な関係は、二人の気持ちを燃え上がらせるには、十分な要素なのです。

 

社内不倫の場合、もし別れようと思っても、毎日顔を合わせる仲です。
別れてもすぐに復縁して不倫を続ける人が多いのには、そんな
理由があります。

 

 

社内不倫をする前に、リスクの大きさとその継続性を知っておきましょう。
その一歩踏み出すことが、あなたの毎日を変えるかもしれません。

 

あなたは刺激を求めますか?
それとも安定を求めますか?

 

愛した人が同じ会社の既婚者だった。
その気持ちに嘘はないと思います。

 

相手に対する気持ちだけではなく、そのリスクも知った上で相手を愛することを選ぶ。

 

それが、社内不倫には何より必要なことかもしれません。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る