芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

浮気?不貞?不倫?そもそも不倫って?

 

「不倫」という言葉は誰もが聞いたことがあると思いますが、正確な意味をご存知ですか?
調べてみると法律に「不倫」という言葉はありません。
テレビや雑誌、至るところで目にするのにに不思議ですよね?

 

 

では、法律で「不倫」はどのような言葉で表現されるのでしょうか?

 

それは…「不貞行為」です。

 

「不貞行為とは、男女間における肉体関係と、その類似行為を指しす。」と書かれていました。

 

 

「不倫」 「不貞」
倫理がないという意味の「不倫」
貞操がないという意味の「不貞」
簡単に言えば「人の道にはずれている」と言えます。

 

 

「好きになった人が、たまたま妻帯者だった。」

 

奥さんがいる既婚者と不倫関係にある女性がよく言うセリフです。

 

「はじめから不倫を望んでいた訳ではありません。
たまたまなんです」

 

純粋に恋をして恋愛に夢中になった。それが妻帯者だった…

 

不倫に年齢や立場は関係ありません。
誰にでも不倫をする可能性があり、誰もがゼロでも100%でもないのです。

 

「恋」というのはある日突然やってきます

やってくるというより、「気がつく」もの。
「気がついたら好きになっていた」なんて言いますよね?
恋をするのに「理由」なんてないのです。
後は肉体関係の一線を越えるか超えないか…
それこそ、倫理や道徳、道理、モラルの問題です。

 

相手が既婚者だった場合、あなたは一線を超えずにいられますか?
誰にも「絶対」とは言い切れないのではないでしょうか。

 

「日蔭の身」
「不倫」「不貞」で悩んでいる方は多くありません。

 

しかし、はじまりは普通の恋より燃え上がるようです。
「障害」があるからこそ燃える恋。
"いけない"と言われると、やりたくなってしまう。

 

男性に妻子があって、女性が独身だったとしましょう。

 

彼の奥さんや一目を避けて会う二人の時間は、楽しくて濃密な気がするのは、それが限られた時間であること。
人には公に言えない「二人だけの密会」であること。
この濃密さは、独身同士の恋愛ではなかなか味わえません。
だからこそ、のめり込みやすいとも言えます。

 

しかし、次第に女性は不安になっていきます。
週末や祭日、イベントの日に彼と会うことは出来ない。
会うどころか好きな時間に電話することすら叶わない。
そう「叶わない恋」であることを、好きになればなるほどわかってくるのです。

 

しかし、この「叶わぬ恋」というのが癖ものなのです。
本人が認めていない場合でも、心のどこかではわかっています。
「彼は私のものにならない」ということを。

 

自分のものにならないもどかしさが、彼への執着心を倍増させます。

 

ハタから見たら「どうしてそれでも続けるの?」と思うようなことでも、まるで取りつかれたかのようにじっと彼の電話を待つ。
「会いたい」気持ちは抑えられない。

 

連絡が取れない時、連絡が来ない時、彼女は思うのです。
「私は彼にとって一番の女じゃないのかも」
「私は愛されていないのかもしれない」
心の奥でそう思う気持ちを閉じ込めて
「きっと奥さんより私の方が好きなはず」
「奥さんがいても私と会うということは、それだけ私は愛されている。」
そして、待って待って待ち続けた後にかかってくる電話に、その希望をつなぐのです。
綱渡りの恋みたいですね。

 

あなたの周りで「不倫は楽しい!」「また不倫したい!」なんて言う人はいますか?
まずそんな方はいないでしょう。

 

そんな辛い想いを抱えていても、やめることが出来ない不倫。

 

「絶対に奪い取ってみせる」
燃える人もいます。
「例え不倫でもいいの」
日蔭であることを耐え忍ぶ人もいます。

 

なかなかやめることができない不倫。
自分の気持ちを打ち明ける場所もなく、一人で思い悩んでいます。

 

 

これこそが「不倫」なのです。
「たまたま好きになってしまった。その人が既婚者でした。」

 

あなたもきっとそうでしょう?

 

 

心の重りを少しおろしてみてはいかがですか?

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る