芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

ダブル不倫をするということは?W不倫の覚悟

妻または妻子持ちの男性と独身女性
「不倫」と聞いて多くの方がイメージするのは、この組み合わせでしょう。

 

対して、男性・女性共に既婚者同士が恋愛するケースを「W不倫」といいます。

 

 

「不倫」に対しては、どうしても世間の目は冷ややかなもの。
それが「W不倫」ともなれば、もっとです。
ある意味批判されても仕方がない立場と言われてしまうかもしれません。

 

世の中に「不倫」で苦しんでいる方は大勢います。
しかし、敢えて言わせていただくと「W不倫」の方の苦しさはその比ではない気がします。

 

「W不倫」をされている方の多くが、はじめこそ楽しんでいても、次第につらく、苦しい想いを抱えていきます。

 

「W不倫」の覚悟についてお話する前に、「不倫」との違いについて私個人の見解をお話したいと思います。

 

「不倫」の場合、独身者側の方の多くが、いわゆる普通の恋愛から二人の関係をスタートさせるケースが多いです。

 

“たまたま好きになった人が結婚していた”

 

なんて話、よく聞きますよね?
好きな相手が結婚していることを知っていても、飛びこんでしまった…
妻や子供がいるのに、独身の女性と深い関係になってしまった…
身体の関係はありますが、独身者側の多くは身体の関係“だけ”が理由で交際しているわけではありません。
心が恋愛をした結果が「不倫」だっただけのことが殆どですす。

 

対して、「W不倫」の場合はお互いに家庭があります。
それでも「W不倫」に走ってしまう背景には、どちらかもしくは双方の家庭に問題があることが多いのが現実てす。
そして、その問題から気を紛らわせるように「W不倫」にはまってしまう。

 

問題がある家庭といっても、問題は様々で家庭毎に異なります。
離婚に至るまでの致命的な所まで行ってはいないものの、淡々とした刺激のない、なんとなく気が晴れない毎日を過ごされている既婚者は少なくありません。

 

心のどこかで、家庭以外に刺激を求める気持ちが強くなり、刺激のない毎日から抜け出す「きっかけ」を探しています。

 

”チャンスがあれば…誰かいないかな〜”

 

そうすれば、きっと今の自分は満たされる。

 

漠然となんとなく思っていたところに、心動かされる出会いがあったら、あなたは自分を抑える自信がありますか?

 

「W不倫」をスタートさせた方は、ある意味自分の心に正直なのかもしれません

 

多くの「不倫」男性が、甘い言葉をささやきつつ、家庭は家庭、愛人は愛人としっかり区別しているのは、「W不倫」であっても同じです。
愛人という言葉の響きに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、ここではあえてそう言っていきます。
本妻がいる以上、不倫関係をうまくやっていくためには、どこかでしっかり区別しないと続けていくことはできません。

 

しかし、不倫相手に気持ちが入れば入るほど、区別していくことが難しくなります。
どちらかといえば、女性のほうが割り切れない人が多いのではないでしょうか?
自分がしていることの愚かさもわかっている。
夫や子供に対しての申し訳なさもある。
でも、好きになってしまったものは、どうにもできない。

 

「W不倫」に走る理由が、夫のせいであれば「理由」が出来ます。
そんな「理由」を見つけては、自分の行動を正当化したくなるはずです。
しかし、完全に夫のせいにも出来ず、正当化することも出来ず、辛く苦しい気持ちを抱えているでしょう。

 

「不倫」より「W不倫」は別れづらいと言われています。
それは、どちらも休日は会えない、自由に電話できない。
「不倫」の独身者だけが苦しむ”不自由”が、「W不倫」には双方にあるからです。
お互いが自分の思い通りにはいきません。

 

思い通りになれないのに、それでも会いたいと思える相手。
こんな強い気持ちを抱えていたら、そうそう簡単に別れられないですよね。

 

相手には伴侶がいる。自分にも伴侶がいる。
それぞれに家庭がある。

 

『自分のものに出来ない苦しみ』
『相手のものになれない苦しみ』

 

しかし、だからこそ「W不倫」は二人の気持ちを燃えさせるのだと思います。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る