芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

不倫中の男女の温度差

不倫に対する男女の温度差について、統計的には次のパターンが多いと言われています。

 

独身女性と既婚男性の場合

女性は奥さんに嫉妬し、離婚してほしい、自分と結婚して欲しいと望む人が多い

 

既婚女性と独身男性の場合

男性は、旦那に嫉妬することはなく、むしろ離婚しないでほしい望む人が多い

 

こうしてみると、男性は冷静で、女性が感情的に見えますよね?

 

いくら女性が社会進出している世の中になっていると言っても、地位や権力、社会的体裁に関しての意識は、男性の方が圧倒的に強いのではないでしょうか?
そして、この事が男女の温度差にも繋がっている気がします。

 

女性は好きになればなる程、感情的になるし、感情的になればなるほど、妻と戦う気待ちが強まります。
「奥さんと私のどっちが好きなの?」と。

 

対して男性は、昔から「女遊びも甲斐性の一つ」と言われるように、愛人を抱えている人に対して「それだけ甲斐性がある」という世間の目もあるのは事実です。
会社の社長さんや芸能人、政治家に愛人がいたとしても、暗黙の了解で認めてしまうところがあるでしょう。
奥さんも愛人も共に支える甲斐性がある人に対しては、社会は寛大に、暗黙の了解で認めているところがあります。

 

それに、男性は司や部下・得意先との付き合いなど、社会の中で、”普段の自分と異なる自分”を演出することに慣れています。
「夫」である顔と、愛人の前で見せる顔。
この異なる二つの顔を持つことに、男性は女性ほど抵抗を感じないとも言われています。

 

つまり、男性はそれだけ割り切りやすいということ。
感情的に溺れるのは女性で、男性はふりは出来ても理性でブレーキをかけれる状態をキープしている人が多いです。

 

対外的に、社会的に、自分はどうするのが身を守ることに繋がるのか…
男性は常に社会的基準から考えるようです。

 

 

性的欲求が強いのは男性

だから男性は性的欲求を満たすことがきっかけで不倫に走りやすいです。

 

しかし、女性の場合、精神的な欲求を満たすために不倫に走りやすいのです。
だからこそ、女性精神的にのめり込みやすいのですね。

 

男性の場合、肉体関係で妻以上に相性の良さを感じる場合、肉体だけでなく、精神的にものめり込んでいくと言われています。

 

男女の違いについて一般的な話をしてきましたが、
精神的、肉体的、このどちらにも相性を求めるのは、不倫に限られたことではありません。

 

いくら世間の目や社会的地位を気にしていても、いくら感情や性的欲求を抑えても、抑えきれないこともあります。

 

統計的に見たら、不倫をしている男女に違いは見えてきますが、不倫をスタートする時の心情には、それほどの違いはないのかもしれません。

 

「いいな」
「素敵だな」

 

相手に好感を寄せて惹かれる。
惹かれて、結ばれて、繋がっていく。
ここは普通の恋愛との違いはないのかもしれません。

 

 

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る