芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

職場の妻子持ちの男性ダブル不倫の体験談

不倫のなかでも、ある程度、恋愛経験を積んできた人同士なら、すんなり不倫関係になることがあります。

 

それは、過去に浮気や不倫の経験があって、ウソをつくのが上手な人だけだと思います。

 

 

お互いに家庭をもっている身で恋愛をすると、世間ではW不倫といわれて、それはモラルに反しているといわれます。
でも、この世に男と女がいる限り、結婚していても、子供がいても、誰かを好きになってしまうのは止められないのです。

 

 

私の場合もそうでした。
仕事を紹介してくれた男性と、仕事以外のプライベートの話をするようになり、お互いにすぐに恋愛関係になってしまったのです。

 

 

最初に「好き」と言ってくれたのは、彼のほうからでした。
私も好きだったけれど、口にだして言ってはいけない言葉だと、自分に言い聞かせていたのです。

 

 

週に何度か電話をするようになって、それまでの恋愛経験だとか、お互いの夫婦関係についても、隠し事なく話をしていました。
でも、私は結婚後に独身男性と不倫をした経験があって、とても厄介なことになったので、彼と深い関係にならないようにしていました。

 

 

私のことを女性として好きだけれど、身体の関係がなくても、いつまでも一緒にいたいと、そんな優しい言葉に、私はそれまで以上に、彼を想うようになりました。

 

正直、今でもそんな優しい言葉をときどき思い出して、涙がでそうになります。

 

 

旦那に不満があるわけでもなく、彼も奥さんや子供がいて、なんの不満もない生活を送っていたのに、どうして私たちは愛し合ってしまったのだろうと思います。

 

それも、ただ単に肉体関係で繋がっていたのではなく、逢っているだけで幸せになるのです。

 

経験を積んできたからこそ、バレないように逢うというルールをしっかり守れるので、安心感がありました。
そして、お互いの家族のもとへ帰るけれど、好きという気持ちだけは変えられないという、W不倫特有の甘い切なさですね。

 

 

私と彼は、理性がとんで、肉体関係をもった瞬間から、友達ではなくなり、強烈でスリル感がいっぱいの不倫関係に変わることを、言葉にださないけれど、分かっていました。

 

 

もしも肉体関係をもったなら、まるでジェットコースターのように揺れて、必ず別れが待っていることも理解していました。
だからこそ、逢えなくなるくらいなら、ギリギリの理性を保ちながら一緒にいようと決めていたのです。

 

 

そんな日々が続き、哀しいことだけれど、私は他の男性を好きになってしまいました。
それは友達の域を超えた、強烈なW不倫です。
友達なら、そんなことをしたという事を、彼に言えるはずだったのですが、どうしても言えませんでした。

 

 

それは、友達と思うように頑張っていたけれど、彼を男性として好きだったし、いつかはこうして離れることになると予感していたからです。
男女の友情を保つのなら、「好き」「愛してる」を言ってはいけなかったのでしょう。

 

 

その後、少しづつ距離をとって、大切にしていた男友達と離れました。
その後、好きになった別の既婚者の男性と、心と体を焼き尽くすようなW不倫を経験しました。

 

案の定、すぐに別れてしまいましたが、今でも、あの友達だった彼と逢いたいです。
今ならきっと、気持ちをコントロールしながら、ずっと一緒にいられたと思います。

 

W不倫の暗黙のルールは安心感を生み、いつかはバレたり、心がわりして離れてしまうというスリルがあるのは、言うまでもないですね。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る