芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

「妊娠中だけど離婚したい!」その問題と解決策とは?

妊娠中は、夫婦にとってまるで絆を試されるような試練が次々と起こります。

 

つわりで家事ができない、いつものように食事が摂れない、性格的に情緒不安定になりやすくなったり、夜は夫の誘いに応じてあげられない日も出てくるでしょう。

 

そんなときに献身的に妻を支えてくれるような夫なら何の問題も無いのかもしれませんが、なかなか現実的には難しいもの。
喧嘩が増えたり、外に癒しを求めて浮気に走ってしまう男性が一部いるのも事実です。
「妊娠中だけど、もう耐えられない!離婚したい!」そう思ったとき、どのような問題が生じてくるのでしょうか?

 

 

まず確認しておきたい、戸籍のこと

妊娠中に離婚する場合、まず心配なのが子どもの戸籍の問題です。
離婚してから300日以内に子どもが生まれれば、その子は離婚前の父の子だろうと見なされます。

 

母親の戸籍に入ることになるため親権については自動的に母親がもつことになりますが、父親も無関係というわけではなく、きちんと扶養義務も発生します。

 

離婚してしまうと、女性としては「もう元夫とは関わりたくない!」という気持ちになってしまうこともあるかもしれませんが、子どもの将来を考えれば養育費の取り決めについてはきちんとしておいた方が、後々の後悔は少なくなるかもしれません。

 

万が一、離婚成立前に母親が別の男性と関係を持っていて、元夫の子ではないことが明らかな場合は、裁判によってそれを証明し記録として残すことも可能です。

 

 

シングルマザーとして出産・育児。お金は大丈夫?

離婚して子どもを育てていくことになると、目下、現実的な問題として降りかかってくるのがお金の問題です。

 

妊娠中の夫の不貞が理由で離婚する場合、不倫相手の女性も特定ができていれば元夫と不倫相手女性の双方に慰謝料の請求をすることができます。

 

体調が不安定な時期なので全てを自分で勧めることは難しいかもしれませんが、実家のご家族などに助けてもらいながら弁護士、司法書士などの専門家を頼るとよいでしょう。

 

また「母子福祉資金」といって、自治体から一時的に生活費を借りることができる制度も存在します。
地域によって利息や金額は異なりますが、母子家庭の生活を安定させるための制度なので、基本的には非常に低金利での借り入れが可能です。

 

その他、ひとり親家庭の医療費助成制度、所得税・住民税の軽減、水道料金の減免措置、JRであれば通勤定期の割引など細かな制度がたくさん存在するので、1人で悩まず役所などで相談してみるとよいでしょう。

 

 

実際の「育児」は、誰がするの?

二馬力で家事・育児・仕事を分担する夫婦での育児に比べて、女性1人でその全てをこなすひとり親家庭は、肉体的にも精神的にも女性の負担がかなり大きくなることが予想されます。

 

一番、現実的に実現可能な方法としては、やはり里帰りに勝るものはないでしょう。
実家に頼ることができれば肉体的な育児の疲れが軽減されるだけでなく、精神的にもかなりリラックスできるからです。

 

一番大変な時期に離婚を経験するとただでさえ気持ちが不安定になりがちなため、頼れる人を見つけておくのはとても重要なことと言えるでしょう。

 

もしも様々な事情によって実家を頼ることが難しい場合は、自治体に「産前産後支援ヘルパー」の制度が無いか調べてみましょう。

 

掃除・洗濯などの家事、生活用品の買い物はもちろん、新生児のお風呂入れをしてもらえたり、育児の不明点を相談することもできるので非常に心強いサービスです。

 

 

おわりに

いかがでしょうか?妊娠中という辛い時期に離婚をすると「本当に育てていけるかな」と不安になってしまうこともあるかもしれませんが、これらの制度、サービスを利用すれば周囲に助けてもらいながら育てていくということができます。
前向きな子育てができるといいですね。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る