芸能界からも依頼殺到!↓無料占い↓

単身赴任がきっかけで離婚に至る夫婦の原因

数年単位て転勤する転勤族と結婚すると、土地に馴染む前に引っ越すことになったり、子供を何度も転校させるのはかわいそう、自宅を購入したので離れられないなどの理由で、夫のみ現地で仕事をする単身赴任スタイルの夫婦も多いかと思います。

 

単身赴任になると、良くて週に1度、長くなると数ヶ月も会えない場合もあります。そんな単身赴任夫婦は離婚率も高くなりがちですが、どのような理由で離婚してしまうのでしょうか?

 

 

単身赴任がきっかけの離婚原因

夫もしくは妻の不倫

単身赴任になると、夫、もしくは妻もお互いが配偶者という重みから解放される一方、今までにぎやかな家庭生活を送っていたのに、急に単身先でひとりっきりになってしまうと、どうしても人肌が恋しくなってしまいます。

 

不倫は悪いとは思っていても、遠く離れていることでちょっとくらい遊んでもバレっこないという、心理的な甘えも手伝ってついつい赴任先で恋人を作ってしまったり、妻も夫の世話からの開放感で、普通の女に戻ってしまうようです。

 

特に夫の場合は、慣れない赴任先で仕事をすることでストレスが溜まり、発散するために不倫に逃げる事もよくあります。

 

 

コミュニケーション不足が仇となる

遠距離恋愛でも同じことが言えますが、どんなに好きな相手がいたとしても物理的な距離が離れてしまうと、心まで離れてしまうのです。

 

ふたりとも愛し合っているから、夫が浮気なんてするはずない♪と思い込んだ子育てや仕事の挙句、忙しさにかまけてしまい、週に1?2回の短時間の連絡で終わらせるなどの関係になってしまうと、夫の心は寂しさで満たされてしまい、「オレは何の為に働いているのか?」という疑問が湧いてきて、頭の中には離婚の二文字が浮かぶようになります。

 

 

妻がいなくても何となく生活できる

50?60代の親世代の男性は、奥さんがすべての面倒を見るのが当たり前だったのに対し、現代の男性は学生時代に自分でマメに家事をしたりと、自分で家事をしていた経験がある方が多いので、単身赴任先でも家事を難なくこなしてしまうどころか、お弁当持参の方さえいます。

 

単身赴任へ赴く前に、夫婦関係に少しづつ溝が広がっていた場合、単身赴任先での一人暮らしの気楽さを満喫した結果、結婚している意味が無いことに気づき、離婚を切り出されてしまうことがあります。

 

 

単身赴任先の夫との親密な関係の作り方

単身赴任先からひんぱんに帰って来ることができなかったり、自分も通うことができない場合、自分の存在を夫に感じてもらう方法で、親密な関係を作り出す必要があります。

 

毎日電話やメールで連絡を取るようにする

これは基本中の基本ですが、夫に自分や子供の声を伝えることで、夫の心のどこかに夫婦や子供の存在を気に留めてもらうことが重要課題です。

 

毎日電話やメールができない場合でも、空いた時間でTwitterやブログなどで日常生活を更新することも、コメントなどで会話ができるのでオススメです。

 

 

家庭の事は必ず夫に相談する

子供の習い事を新しく習わせる相談や、義父・義母への誕生日プレゼントなどの小さなことでも、家庭の事は必ず夫に相談をしてから決めるようにしましょう。

 

夫に相談なく決めてしまうと、疎外感を感じ気持ちが離れてしまいます。

 

 

夫の好きな物を定期的に送るようにする

妻の手作りのお惣菜やお漬物、好物のお菓子など、妻の愛情を感じられるような荷物を届けることで、夫の身体を心配している気持ちをそれとなく伝えることができます。

 

 

おわりに

一緒にいる時はどんなにラブラブだったとしても、物理的な距離が離れてしまうとどうしても淋しくなってしまいます。

 

距離は離れていても、心までは離れていないことを夫に上手に伝えつつ、コミュニケーションを密にしていくことで、夫の気の迷いからの不倫を防止できます。

 

単身赴任を乗り越えることによって、さらに夫婦の絆を深める良いきっかけにしていきましょう。

生年月日の入力だけで、「あなたの不倫が幸せになれる可能性」を占います!
「彼は今、あなたとの関係をどう思っている?」
「彼は今後どうなりたいと考えている?」
も知ることができますので、不倫中の方も不倫予備軍の方も是非お試しください!


生年月日




このページの先頭へ戻る